公開日: 2014/03/05
115,689
高評価      低評価 32

高評価の割合⇒約1.211%
低評価の割合⇒約0.027%


公開日: 2014/02/28
256,322
高評価      低評価 73

高評価の割合⇒約1.059%
低評価の割合⇒約0.028%


公開日: 2014/03/06
321,593
高評価      低評価 162

高評価の割合⇒約1.218%
低評価の割合⇒約0.050%



※ 2014/03/11 21時時点での数字を使用


管理人


比較することに意味はないのかもしれませんが、

興味がありましたので、今回の新曲が

どのくらいの評判なのかを数字で追ってみました。

なお管理人はめっぽう数字に弱いです。。。





① 再生回数

SKE          115,689回(2014/03/05公開)
NMB         256,322回(2014/02/28公開)
乃木坂      321,593回(2014/03/06公開)

公開日が一番遅いのも関わらずこの数字です。

この数字から 読み取ることが出来るのは

曲に対する世間からの注目度とファンの依存度でしょう。 

ただ、SKEとNMBはMVがショートバージョンに対し

乃木坂はフバージョンで公開しています。 

CDにつく特典の差もありますが、この数字から

CDがどのように売れていくか見ていくのが楽しみです。



② 高評価の割合
 
SKE          約1.211%
NMB         約1.059%
乃木坂      1.218%

再生回数が多くなればなるほど高評価の割合が低くなっていくことが

通常ですが、こちらも乃木坂46の評価が一番高いです。

こちらでわかるのはグループの評価いうよりは

曲とMVそのものの評価と期待値でしょう。

 

② 低評価の割合
 
SKE          約0.027%
NMB         0.028%
乃木坂      0.050% 

いいとこばかりピックアップしてきましたが低評価の割合
でも

乃木坂46は一番です。

乃木坂46の高評価と低評価を比べると圧倒的に

低評価の数字は小さいですが、他グループに比べると

やはり無視できない数字です。

賛否両論とまではいわないものの、好きと嫌いが分かれた

作品になっているのかもしれません


もしくは乃木坂46というグループにおいてよく思っていない人が

多いのかもしれません




たまーに数字で追ってみると客観的に見ることができておもしろいですね☆

乃木坂に都合のよい数字を拾ってきたと言われればそれまでですが

少しは参考になるのではないでしょうか?



数字とその読み込みには自信がないので訂正や違う見方があれば教えてください。
 



こめんと


1. 名無し@乃木坂ってそこ!? 2014/03/12 05:21

乃木坂は、いい唄、いい曲を求めるファンが多い気がする

それ故に敢えて辛口評価する人も多いのかと



2. 名無し@乃木坂ってそこ!? 2014/03/12 14:49

評価をした人間が多いということはなにかしら感じた人間が多い

流しで聞いた人間が少ないということなのでその分数字以上に訴えることができた作品なのでわと思います


※ 現在、当記事に対するコメント欄から意見を抽出してまとめを作る試みをしています。

もしよければコメントお願いします!!



≪PR≫
4月2日発売:気づいたら片想い(DVD付A) 
1aSRCL8520_BH1A-01



絶賛発売中:birthday live (仮)(Blu-ray豪華盤)



※乃木坂46のあらゆる最新情報をツイッターにて配信しています☆
もしよければ フォローお願いします!!@nogizakajyoho