2005年04月18日

世界史より三国志トリビア 三戦

http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/vote/1113472021/
案内 [投票所] “第2回2ちゃんねる全板人気トーナメント宣伝スレ-019”

272 名前:世界@名無史さん・三戦支援(1/5)[sage] 投稿日:2005/04/17(日) 07:37:47 ID:JgHDsMJ+
三戦板勝手支援のお時間です。

\この想い、三戦さんに届け!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ⊂二 ̄⌒\               ノ)
     )\   ( ∧_∧         / \
   /__   ) ´Д`)    _ / /^\)
  //// /       ⌒ ̄_/
 / / / // ̄\      | ̄ ̄
/ / / (/     \    \___
((/         (       _  )
            /  / ̄ ̄/ /
           /  /   / /
         / /   (  /
        / /     ) /
      / /      し′
    (  /    
     ) /  人生から友情を除かば、世界から太陽を除くにひとし。
     し′    -キケロ

273 名前:世界@名無史さん・三戦支援(2/5)[sage] 投稿日:2005/04/17(日) 07:38:30 ID:JgHDsMJ+
おはようございます、皆様の“正直、無駄知識ばっかり増やしてるよね”世界史板です。
三戦支援に参らせて頂きました。

<三国志トリビア 虎牢関はなかった>

三国志演義の名場面をひとつ。

天下の極悪人董卓を討つべく、董卓の居城洛陽城へ兵を進めた英雄達の連合軍。
しかしその前の虎牢関(ころうかん)に猛将呂布が立ちはだかる。
連合軍の腕自慢の猛者が名乗りを上げて次々に我こそはッてんでツーっと飛び出していくんだが、呂布は強いの何のって、みんな斬られちまった。

白馬に乗った腕自慢、公孫サンがあわや打たれそうになった時、とらひげの武者が呂布をさえぎる。
それは劉備の義弟張飛、一人で兵一万に匹敵する猛将だ、戦うこと五十合、しかし呂布は強い、
まったく互角だ、さあ張飛に加勢の兄関羽、兄劉備、次々に切り込み走馬灯の如くに斬りかかった。
さすがの呂布も三人が相手では勝てない、あわてて逃げ帰った…。

274 名前:世界@名無史さん・三戦支援(3/5)[sage] 投稿日:2005/04/17(日) 07:39:29 ID:JgHDsMJ+
呂布対劉備三兄弟の華々しい一騎打ちの段です。
ところがこの話、実はすべて創作。
呂布に斬られた猛者連中も架空なら劉備たちが連合軍にいたのも架空。
そもそも虎牢関からして当時は存在しなかったものなのです。

虎牢関という名称が登場するのは北宋・大中祥符四年(西暦1011年)。
三国志の時代から約700年後です。
この歳に慶関と改称したことが宋〜元の歴史を記した歴史書「続資治通鑑」に出てきます。

275 名前:世界@名無史さん・三戦支援(4/5)[sage] 投稿日:2005/04/17(日) 07:41:38 ID:JgHDsMJ+
もっともその後また虎牢関と改名した模様で、同じ本には、
1378年には例の朱元璋の配下武将で当時最強といわれた
常遇春(じょうぐうしゅん)が単騎斬りこんでモンゴル騎馬軍団をここで粉砕しています。
この常遇春、飛んできた矢をつかんでしまうという恐ろしい身体能力の持ち主。
モンゴル軍が弓をパシパシっと射るのですがこれが当たらない。
そのうち常の放った矢がモンゴルの将軍を射殺してしまった。
ああ御大将討たれたとばかりにモンゴル軍は総崩れ…。

一説によると、
朱元璋の配下であった三国志演義の筆者羅貫中が、
この話を元にして呂布対劉備三兄弟の華々しい一騎打ちを創作したとか。

たとえ虚構でも話が面白くなるなら大歓迎です。
創作バンザイ!

276 名前:世界@名無史さん・三戦支援(5/5)[sage] 投稿日:2005/04/17(日) 07:42:06 ID:JgHDsMJ+
    ∩
    ( ⌒)     ∩_ _
   /,. ノ      i .,,E)
  ./ /"      / /"
  ./ / _、_   / ノ'
 / / ,_ノ` )/ /
(       / 羅貫中 good job!
 ヽ     |
  \    \

「太陽がないときには、それを創造することが芸術家の役割である。」
…ロマン・ロラン

世界史板より、三戦板支援のお時間でした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/honsen_siori/19257892