2005年08月19日

エヴァ支援・The Origin of Evangelion

【キーワード抽出】
対象スレ: 第2回2ちゃんねる全板人気トーナメント宣伝スレ-028
キーワード: The Origin of Evangelion


102 名前:The Origin of Evangelion[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:33:59 ID:RVYgIksg
投下始めますが、相当長いです。他の方に割り込みましたら、申し訳ありません。

『新世紀エヴァンゲリオン』は庵野秀明が企画したオリジナル作品であり、原作の
漫画やスポンサーから用意された関連商品などは存在しません。
従って、この作品のアニメ化に当たってはスポンサーや広告代理店、テレビ局など
に企画をプレゼンテーションする必要がありました。その企画書に記された、
エヴァの原点とも言うべき姿を御紹介しましょう。
背広を着た大人の前でどんな建前を述べていたのか、そして映像作品化に際してどのように変わっていったのか、その変遷をお楽しみ下さい。
そしてこの企画書に言う「子供たち」に付された意図も、なぜ普通は陽の目を見る
ことのない企画書が発表されたかについても感じられるのではないかと思います。

1ページ 表紙

2ページ
時に、西暦2015年
生物として、もはや進化の行き詰まった人類を救世すべく
発動した『人類補完計画』

103 名前:The Origin of Evangelion 2[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:34:42 ID:RVYgIksg
その計画を阻止すべく襲来する、正体不明の巨大戦闘兵器群
『使徒』
『天使」の名を冠する彼らは、果たして
『神々の使い』なのであろうか?

『使徒』に拮抗できうる巨大な力を手に入れるべく、人類は
汎用人型決戦兵器『エヴァンゲリオン』を開発。
14年後の今、すでに3体を実用化していた。

だが、『エヴァ』の操縦を人々は
『14歳の少年少女達』に委ねざるを得なかったのである

人類の存亡を背負う少年たちの戦いが、今、始まる

仮題 新世紀 エヴァンゲリオン NEON GENESIS EVANGELION
種別 SFアクション連続大河テレビアニメーション
形式 毎回30分 全26話(2クール)予定
視聴対象 小学生、中学生を中心に家族一般

104 名前:The Origin of Evangelion 3[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:35:30 ID:RVYgIksg
企画・原作 ガイナックス
キャラクター・デザイン 貞本義行
メカニック・デザイン及びコンセプト・デザイン 山下いくと
脚本・監督 庵野秀明

3ページ
企画意図:巨大ロボットアニメの魅力とは?
「巨大ロボットアニメ」は、子供たちの潜在欲望の現れであります。
つまり、「巨大ロボットアニメ」とは、
子供達の持つ色々な
抑圧やコンプレックスの補償、抵抗の手段、代償行為なのです。
大人達は「人が生きることのつらさ」を知っています。
と、同時に「人が生きることのおもしろさ」をも知っています。
生きるために、例え〈嘘〉だとわかっていても
「正義と愛」という〈夢〉や〈希望〉が必要なのだ、と知っています。
私たちはアニメーションという表現手段の特色、つまり
全てが人の描いた「絵」であるという世界観を生かしたことにより、
子供達に虚構と現実との違和感もなく、ピュアに伝えることができるのです。
それが「巨大ロボットアニメーション」の持つ最大の魅力です。

105 名前:The Origin of Evangelion 4[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:36:18 ID:RVYgIksg
本企画は、この原点にさかのぼって
本来の「巨大ロボットアニメ」の魅力を
新たに掘り起こすところにユニークさを発見したい、と思います。

4ページ
全体を通してのテーマ

・主人公はどこにでもいる、ごく当たり前の少年
従来のロボットアニメーションではロボットに乗り込む少年は初めから
その才能と適性を持たされています。
その特殊なヒーロー性に子供達はあこがれ、自分と同一視してきました。

だがしかし、
ある日突然、普通の14歳の男の子が「巨大な力」を与えられ、使命を持たされ
大人の世界に投げ出され、大人になることを強要されたら・・・
これが私たちが主人公に与えたシチュエーションです。
主人公は巨大ロボットの小さな操縦席の中で、家に学校、そして数々の戦いの中という、
カオス的現代社会の中で、観客は主人公とともに悩み、考えていくのです。
「今、自分は何をなすべきか?」ということを、です。

106 名前:The Origin of Evangelion 5[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:36:58 ID:RVYgIksg
・主人公は「大人以上、子供未満」
主人公は、14歳・中学2年生。
この時期は反抗期であり、思春期であり、自我を形成する最終的な時でもあります。
つまり主人公の少年は、今、大人と子供の狭間にいるのです。
当初、優柔不断だった彼は戦いの中、大人の都合、大人達の意見等に惑わされ翻弄され、
流されて行きます。
それは雑多な情報の中で生きている、現在の私たち日本人の姿とダブります。
主人公の少年は、自分が一人では何も出来ない子供だと知り、経験を積み、
現実を直視し、成長していくのです。

本来、大人たちが子供に与えなければならないのは
「自分の意思」や「ひとりだちできる力」だと思います。
知識や技術を附与するのもそのためです。
しかし、今、子供たちはテレビの前で一人遊びはできても、集団の中では何もできません。
他のモノへの依存症が強く、マニュアルなしでは、どうすればよいのかわからないのです。

子供たちは、プレッシャーだらけの「現実」の中で、自分一人では
何もできなくなっています。
このままで、良いのでしょうか?

107 名前:The Origin of Evangelion 6[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:37:44 ID:RVYgIksg
私たちは、観客である子供たちが本企画・アニメーションという
「夢の中にある現実」を観て、
「自分の意思で生きること」とは何かを感じ取ってほしい、と願っているのです。

また私たちは、子供たちが成長し大人になったとき、
自らの「理性」で「現実の正義と愛」を考えてみてほしい、と願っているのです。

5ページ
ストーリー・ドラマ的な見せ場

・謎解きのおもしろさ
本企画のドラマ中には、個性的なキャラクターたちの日常描写に加えて、正体不明の敵
『使徒』を代表に、数々のSF的な要素あふれる謎や秘密等が隠されています。
本編は主人公の少年が、何も知らない所から、物語は始まっています。
つまり観客は、同一視する主人公と共に、いろいろな謎を知り、秘密を解き明かして
行くのです。
もちろん、物語の先には、驚天動地の「意外な事実」や「大どんでん返し」等が、
用意されています。

108 名前:The Origin of Evangelion 7[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:38:20 ID:RVYgIksg
・ゲーム感覚的なおもしろさ
本企画では各種ゲーム的な要素が、本編中にちりばめられています。
例えば、
日本を舞台とした防衛作戦、市街での攻防戦、街そのものの要塞化、
状況に合わせた機体や武装の選択、物語後半に用意される敵本拠地の発見と侵入、等の
シミュレーションゲームやRPGゲーム的なおもしろさ。
加えて、
複数の人型兵器による格闘戦、2体以上の味方機、バラエティ豊かな敵機、
機体の発進口や武器、それにエネルギー補給パックなどがあちこちに隠された市街地、
時間やエネルギー残量を主とした戦闘サスペンス、等の
シューティングやアクションゲーム的なおもしろさも内包しているのです。

・ビジュアル的な見せ場
超科学兵器群のイメージあふれる、視覚的面白さ。
巨大兵器のメカニックな魅力あふれる、出撃プロセス。
毎回違う、大都市に隠された秘密発進口の意外性あふれる、発進プロセス。
激突する巨大な兵器同士の迫力あふれる、ダイナミックな戦い。
人間の動きをする巨大人型兵器のスピーディで重量感あふれる、動き。
『使徒』の人型にこだわらないバラエティあふれる、武器とデザイン。
活動限界時間が迫り焦る主人公。緊迫感あふれる、ギリギリのタイム・サスペンス。

109 名前:The Origin of Evangelion 8[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:38:56 ID:RVYgIksg
危機に陥る主人公。手に汗握る、派手なクライマックス。
大逆転。
最後に、カタルシス。

本企画では、今までのアニメに無い
「カッコいいリアリティのある戦闘画面」を目指します。

6ページ
時は、近未来、西暦2015年。
舞台は、要塞化された
計画都市 第3新東京市

第2次遷都計画に従い建設中の静岡県・第3新東京市。
美しい緑の山林に囲まれた、旧市街と高層建築の並ぶ計画都市である。

だが、この街は来るべき人類の敵、使徒の襲来に備え
迎撃要塞化されていたのだ。
街の至る所には、監視探査システムの完備、対使徒用防衛設備や
重火器などの配備は云うに及ばず、巨大人型兵器用の特殊装備までも、配慮されてる。

110 名前:The Origin of Evangelion 9[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:39:39 ID:RVYgIksg
その地下深く、秘密裏に作られたジオフロント(大深度地下都市)
人工進化研究所
人の未来を担う人類補完計画は、この地にて極秘に進められていた。
この特殊な街を背景に、物語は語られていく。

7ページ
敵は『使徒』(アポストロ)
と呼称される、正体不明の
巨大戦闘兵器群
(註:Apostleはキリストの弟子たる「使徒」の直訳。後にAngelとされる)

様々な形態を有し、様々な超科学的特殊能力を持ち、
人類に迫る謎の物体『使徒』。
その正体は、先史知的生命体『第1始祖民族』の残した、
世界各地に眠る古代遺物である。
その数、全28体。
最初に確認された『アダム』は15年前に人類の手により
死海の辺にて発掘され、謎の爆発により既に破壊されていた。
あと。目覚めるは27体。

111 名前:The Origin of Evangelion 10[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:40:19 ID:RVYgIksg
『使徒』には全て『死海文書』の記述による『天使』の名が
命名されている。

8ページ
迎撃するは、人の生み出した
究極の大型兵器
『EVANGELION』
正式名称
汎用人型決戦兵器『エヴァンゲリオン・試作型』

本編の主役級メカニック群。
それは、全長約40メートルの万能巨大人型兵器。
予測される『使徒』の襲来に備え、特務機関『ネルフ』を中心に
開発・建造された。
実用化までに、天文学的な経費と14年の歳月を費やしている。
現在、人の造り出すことの出来うる、最強の通常兵器。

112 名前:The Origin of Evangelion 11[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:40:51 ID:RVYgIksg
9ページ
『エヴァンゲリオン』の特徴

伸縮自在な金属製の人工筋肉により、人間と同様に動くことが可能。
動作の反応速度をも、操縦者が自由に選ぶことが出来る。

本体である、骨格と人工筋肉で作られた「素体」に、
汎用性のある各種「装甲服」や「特殊装備」を着せることにより
多目的な使用が可能。
つまり、ヘルメットをかぶりグローブを装着する、巨大ロボットである。

通常は有線による電力供給によって稼働しているが、
非常時には内部電源に切り替えられる。
同時に、蓄積容量の問題から約1分しか動けないという弱点を持つ。

特に初号機は、改良され「陽電子機関」を搭載するが、そのシステムも
不安定なため各種の問題を残す。

残念ながら、自力での飛行は不可能。

113 名前:The Origin of Evangelion 12[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:41:29 ID:RVYgIksg
なお劇中では、数体の『エヴァンゲリオン』同型が、存在。
(第1話終了の時点では以下の通り)

零号試作機 先の戦闘により中破。機体は凍結。
初号試験機 第1話にて初起動に成功、その直後に実戦。
弐号実験機 佐世保より国連軍所属の空母にて移動中。最終調整済み。

3号実験機 米国某所にて建造中。
4号実験機 欠番。爆発事故により消失、建造中止。
5号実験機 独国某所にて建造中。
6号実験機 以下、2016年より建造予定。

10ページ
その正体は、
巨大な人造人間

西暦2000年に勃発した
『死海蒸発事件』(真相は非公開)の際に、
人類により発見された巨大生物兵器、人造人間『アダム』。

114 名前:The Origin of Evangelion 13[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:42:01 ID:RVYgIksg
先史知的生命体『第1始祖民族』の残した『彼』を基に得た
新技術を応用し、人類の叡知を結集して、建造された、レプリカ。
それが『エヴァンゲリオン』である。
人工筋肉等で構成された「素体」は普段、水溶液の入ったカプセル
中に保存されており、有事の際には、目的に合わせた「装甲服」
及び「兵装」や「装備」を装置、出撃する。
ただし『エヴァ』の制御は困難を極め、暴走の度に人々は、改めて
自らの非力と、恐怖を知ることになる。

11ページ
操縦者は
「マルドゥックの報告書」
により選ばれた、
3人の少年少女

『エヴァンゲリオン』の操縦は、エヴァと操縦者との脳神経結合を、
主として行われる。
そのために、A10神経とのシンクロ率とインパルスの適応が、
操縦者選出の際に重要視された。

115 名前:The Origin of Evangelion 14[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:42:56 ID:RVYgIksg
2014年、マルドゥック機関が「脳神経における新精神活動の
仮説」に基づき、エヴァ操縦適性者の選出に関するテスト内容と
操縦方法を提示した「マルドゥックの報告書」(非公開)を作成。
結果は、14歳で母親不在の少年少女が、『エヴァ』と最も
純粋かつ安定した状態で接続できることを提示した。
そして、3人の少年少女が操縦者として選ばれたのである。

12ページ
これが
主人公の少年が
乗り込む
恐るべき力を
秘めた
エヴァンゲリオン
EVA-01 TESTTYPE 初号機 陸戦用A型装備(註:バックに初号機イラスト)

ネルフ本部所属
第1部隊所属
専属操縦者 碇シンジ
本編の主役メカニック

116 名前:The Origin of Evangelion 15[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:43:31 ID:RVYgIksg
第1話にて初起動に成功
その後は、破損を負いながらも襲い来る使徒を仲間・零号機
や弐号機と共に、次々と撃退してゆく。

だが、第13話で大破。
改造され敵・使徒から回収した
「陽電子機関」を搭載する。

この機体には、碇教授(註:ゲンドウのこと)の秘密と
真の目的が隠されている。

13ページ
人類を絶望から救うという
『人類補完計画』
とは?

人類はすでに、神に拮抗できうる力を手に入れようとしていた。
これが、本編ストーリーの主軸となる、国際的一大プロジェクト
『人類補完計画』である。

117 名前:The Origin of Evangelion 16[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:44:04 ID:RVYgIksg
半世紀前、核融合に成功し「太陽」を自らの手中に収めた
人類が、次は「完全な人間」を自らの手で造ろうという補完計画。

目的は、神が擁する禁断の「生命の樹の実」を科学的に造りだし、
人類から「死」を取り除き、さらに人の抱える原罪・全ての呪縛
からも、全人類を解放しようというのである。

この計画を提唱し推進するのは主人公の父、碇ゲンドウ。
彼は『人工進化研究所』にて、究極の変化をとげた人の姿を
ひたすら追い求めていた…。

14ページ
特務機関
『ネルフ』(NERV)
とは?

主人公らが所属する、本編ドラマの核となる組織。

国際連合最高幹部会所属『人類補完委員会』(活動内容は非公開)
直属の特務機関。

118 名前:The Origin of Evangelion 17[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:44:40 ID:RVYgIksg
未確認物体『使徒』の調査・研究、
さらに、捕獲、もしくは殲滅を目的とした
「対・第1始祖民族専従・超法規国際武装集団」である。

目的の性質上、『人工進化研究所』周辺施設等の守備も兼任している。

活動内容は一部、広報部から一般に公開されているが、
大部分が最高機密扱いである。

有事には、国連軍及び国連加盟国軍に対し、
指揮権(最優先・ただし核兵器は除く)を独自に発動できる。
その際、各支部の最高責任者が持つ権限は、
国連加盟国全ての行政・司法機関を超越。
(ネルフ本部と日本国政府及び防衛庁とは、うまくいっていないのが現状)

主力兵器として、汎用人型決戦陸上兵器エヴァンゲリオンを、保有。
第1次整備計画の策定内容ではエヴァ型兵器を5体、実戦配備する予定。
原罪(第1話時)での達成状況は62%。

119 名前:The Origin of Evangelion 18[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:45:17 ID:RVYgIksg
15ページ
ネルフ 総括組織図

委員会統括最高責任者 コンラート・ローレンツ長官。 特務次官 1名
監察委員会本部 日本国 第2新東京市国連本部地下シェルター内
本部 日本国 第3新東京市内 某所
第1支部 米国 某所(ネバダ州内と推測される)
第2支部 欠損(エヴァ試作4号機の爆発事故のため、消失。破棄された)
第3支部 独国 某所

各部局では、エヴァ型兵器の独立した開発・運用が進められている。
ネルフ本部作成した(ママ)第2次整備計画では、3年以内に新たな施設を
中国と豪州に設置することを予定している。

16ページ
ネルフ本部 組織図
最高司令長官 碇ゲンドウ(研究所所長兼務)
副長 冬月コウゾウ  監察官 姓名不明

120 名前:The Origin of Evangelion 19[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:45:56 ID:RVYgIksg
ネルフ本部 内部部局
管理部 管理局一課(人事)二課(訓練)三課(施設)四課(補給)
戦術作戦部 作戦局一課(以下不明)
科学調査分析部 調査局一課〜六課まで確認済
技術開発部(実験を含む) 技術局一課(エヴァ素体担当)二課(材質工学担当)
        三課(電磁光波兵装担当)四課(誘導兵器を含む通常兵装担当)
総務部 総務局一課(会計)二課(広報)三課(不明)四課(不明)
保安諜報部(委員会直結、非公然・別室も有り、詳細不明)
特務部(大半は第2研究所に出向)
特殊警備部(研究所施設警備専任)
警務部(外部に対する警察権も所有)

直轄機関 第1研究所(所在地不明) 第2研究所(所在地不明)
付属機関 富士試験場(静岡県第3新東京市) 松代試験場(長野県松代市)

エヴァンゲリオン直轄部隊(支援部隊を含む)

第1次整備計画では、研究所警備が最優先とされているため、
現在実戦配備されている、唯一の主力エヴァ部隊を保有している。

121 名前:The Origin of Evangelion 20[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:46:32 ID:RVYgIksg
だが、稼働する素体が予備を含め3体、操縦者は定数ギリギリの3名
しかいないため、本来、中核となるべきエヴァ部隊は、残念ながら未だ
第1小隊のみの運用となっている。

17ページ
主な人物紹介
碇シンジ 14歳 男
本編の主人公
巨大人型兵器『エヴァンゲリオン』初号機の専属操縦者

中学2年生。おとなしい優等生。
他人に従属することで自分を守っていたが、本編中での様々な事件により成長する。
母親は彼が3歳の時他界。父親とは離れて生活していた。
彼と彼の登場する『エヴァンゲリオン』初号機との関係に、実は重大な秘密が
隠されている。
(註:この段階のシンジのイラストはちょっとやんちゃな感じ)

18ページ
葛城ミサト1尉 29歳 女

122 名前:The Origin of Evangelion 21[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:47:26 ID:RVYgIksg
シンジの直接の上司、と云うよりは保護者的なお姉さん
特務機関『ネルフ』の作戦担当で後に責任者。階級は一尉。

わりと楽天的。およそ軍人には見えないが、芯はしっかりしている。
喜怒哀楽が表に出やすいタイプで、シンジとは気が合う。
年の割には子供っぽい女性。
飲みに行くか、部屋でゴロゴロしているのが趣味。男の前では、意外と強情。

19ページ
赤木リツコ博士 30歳 女
巨大人型兵器『エヴァンゲリオン』開発チームの責任者
理知的でクールな皮肉屋。
ミサトとは学生時代からの付き合いでケンカ友達。年相応にしっかりした女性。
盆栽とパンクロックが趣味。猫を飼っている。男の前では、意外と素直。
碇教授を理解しているただ一人の女性。

20ページ
惣流・アスカ・ラングレー 14歳 女
巨大人型兵器『エヴァンゲリオン』弐号機の専属操縦者
開発当初から専属操縦者として特殊教育・訓練されている。

123 名前:The Origin of Evangelion 22[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:48:01 ID:RVYgIksg
立場上かなりの背伸びを強いられている、勝気な女の子。
ゲームが趣味。負けず嫌いで、男嫌い。唯一、加持にはあこがれている。
日本とドイツ系アメリカ(ママ)のクォーター。
義理の母親が独国に在中。(父親とは死別)
転校後は、シンジのクラスメイトでもある。

21ページ
綾波レイ 14歳 女
巨大人型兵器『エヴァンゲリオン』零号機の専属操縦者
初戦闘時におけるケガのため、当初は地上勤務。
アスカと同様に特殊教育・訓練されている。
無表情で無口。感情のないニヒリスト。
人を「好き」になることにより、初めて感情や愛情というものを覚える。
彼女の出生にも、重大な秘密が隠されている。(両親は不在)

22ページ
碇ゲンドウ教授 48歳 男
シンジの実の父親。初代『人工進化研究所』所長
『人類補完計画』の提唱者であり、最高責任者でもある。

124 名前:The Origin of Evangelion 23[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:48:41 ID:RVYgIksg
徐々に研究そのものに取りつかれ、目的のためには全ての手段が正当化される
デジタルな人物になって行く。
この計画の有り先には、全ての人々に真の平等をもたらす理想郷がある、
と信じている。
行動や言動にいろいろと謎の多い人物。
(註:右腕を高く掲げ「立て!エヴァンゲリオン」と叫ぶ絵あり。
 この時点でまだキャラが固まっていない)

23ページ
鈴原トウジ 14歳 男
シンジのクラスメイトで親友。
感情がストレートに出る熱血タイプ。
意外とスポーツは苦手。年上の女性にも弱い。父親は研究所員。妹が一人いる。
(註:この時点で既に黒ジャージ)

相田ケンスケ 14歳 男
シンジのクラスメイトで親友。
軍事兵器マニアでビデオマニア。
自分の趣味のためには、いかなる犠牲もいとわないタイプ。
いささか神経質。年上の女性にかなり弱い。父親は軍属。(母親とは死別)

125 名前:The Origin of Evangelion 24[sage] 投稿日:2005/05/06(金) 21:49:15 ID:RVYgIksg
洞木ヒカリ 14歳 女
シンジのクラスメイト。
クラス委員長。努力家で地味なタイプ。いわゆる優等生だが、アスカとは気が合う。
余談だが、姉の名はコダマ、妹の名はノゾミ。

加持リョウジ 31歳 男
研究所員。だが他の所員のように国際公務員ではなく、内閣調査室に所属している。
ミサトの昔の彼氏。表面的には子供っぽくふるまっているが、実はシビア。
シンジの成長に多大な影響を与える。

コンラート・ローレンツ 67歳 男
国際連合最高幹部会所属『人類補完委員会』議長。
ネルフ監察委員会最高責任者(長官)も兼任。
人類補完計画の承認や研究所及びネルフ設立は、
この人物の尽力によるところが大きい。
当初は碇所長の良き理解者であったが、最近は会うと口論ばかりになっている。

冬月コウゾウ 45歳 男(註:アニメでは60歳前後に)
ネルフ本部副指令(ママ)官。
碇所長の良き理解者であり協力者。無口で実務肌な人。

135 名前:The Origin of Evangelion[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:45:52 ID:tdJFXkJJ
>>131
いえ、こちらこそ連投規制を忘れてバーボンハウスに飛ばされる失態、
お恥ずかしい限りです。
次の試合が始まる前に、残りを投下してしまおうと思います。

136 名前:The Origin of Evangelion 25[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:47:34 ID:tdJFXkJJ
ミサトの無茶な作戦が黙認されているのも、この人物の人柄によるところが大きい。

温泉ペンギン 2歳 牡
ミサトのペット。
遺伝子操作により人工的に造られた動物。幼児並の知能を持つ。
普段は台所の大型冷蔵庫の中に住む。何故か、温泉が好き。

24ページ
ドラマ及びストーリー展開(全26話)
第1話「再会する人々」(→第壱話「使徒、襲来」)
のんびりと箱根の山間部を行く2両編成の電車。車内には主人公の少年、碇シンジの姿があった。
彼は父親に呼ばれ、第3新東京市に向かっていた。が、突然急停車する車両。
山に木霊する警報音。全市に発令される非常事態。山陵から姿を現す、2体の巨人。
降車したシンジの目前で繰り広げられる巨人同士の格闘戦。
彼を救う、葛木(ママ)ミサトの登場。
戦闘は、機械的な巨人『エヴァンゲリオン零号機』が、かろうじて敵を撃退し、収拾される。
湖に沈降していく金属的な巨人『使徒・ラジエル』。いずこかへ回収される中破した零号機。

ミサトの案内で街の地下深く作られた人工進化研究所へいくシンジ。
リツコやレイとの出会い。数年ぶりの、父親との再会。

137 名前:The Origin of Evangelion 26[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:48:29 ID:tdJFXkJJ
エヴァンゲリオン初号機と対面するシンジ。彼は、その操縦者として選ばれたことを知る。

再度上陸する謎の敵、使徒『ラジエル』。
初号機の出撃準備が進む中、何も分からないまま父親や大人たちに従い操縦席に座るシンジ。
結果、満足に歩くことも出来ないまま、迎撃に出る初号機。

深夜の要塞都市、第3新東京市で対峙する2体の巨人。
その直後に人々は、自らが造り出した『エヴァ』の持つ力に恐怖した。

(註:アニメでもほぼこの通り。レイがまず先に出撃するという案は貞本版に受け継がれる。
 ラジエルは秘密の領域と至高の神秘の天使)

25ページ
第2話「見知らぬ、天井」
敵との戦闘中に制御不能となるエヴァ。それが予定以上の力を発揮する。
シンジの切れた精神が敵を撃破したのだ。その後のエヴァと使徒襲来に対する人々の反応。
シンジにとって、見知らぬ土地での知らない人たちとの新しい生活。
蘇る戦闘の恐怖。ミサトとシンジとの交流。

138 名前:The Origin of Evangelion 27[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:49:14 ID:tdJFXkJJ
第3話「初めてのTEL」(→第参話「鳴らない、電話」)
シンジの転校、そこで出来る。初めての親友。
第3新東京市での大規模な迎撃作戦。

第4話「14歳、始まりの日」
シンジの誕生日。息子への祝いの言葉を持たぬ、父親。シンジを思う、ミサトの決意。
特務機関『ネルフ』の人々のドラマ描写。
(註:一旦この案は破棄され、第3話から直接次の第5話へ行くことになるが、その後
シンジとミサトの心境変化を描く必要から急遽第四話「雨、逃げ出した後」が追加される)

第5話「レイ、心のむこうに」
レイとシンジの交流。巨大な力を見せる使徒の恐怖。
エヴァの敗北。危機迫る、研究所。

第6話「決戦、第3新東京市」
人類対使徒の総力決戦。エヴァの逆襲。ネルフの人たちを少し理解するシンジ。
(註:最後の部分はアニメでは「静止した闇の中で」に残滓をとどめるか)

第7話「人の、造りしもの」
民間企業により実用化されたエヴァ以外の人型兵器。その実験模様。ネルフの疎外感。

139 名前:The Origin of Evangelion 28[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:49:59 ID:tdJFXkJJ
第8話「アスカ、来朝」(→第八話「アスカ、来日」)
アスカとエヴァ弐号機、そして加持の登場。戦艦対巨大ロボット。空母甲板上での格闘戦。

26ページ
第9話「瞬間、心、重ねて」
初の水際迎撃作戦。シンジとアスカの交流。2体のエヴァによる連携戦闘。

第10話「静止した、闇の中で」(→第拾壱話「静止した闇の中で」)
機能停止してしまった研究所。電力を失った現代文明の脆さ。使徒迎撃へのタイムサスペンス。

第11話「マグマ・ダイバー」(→第拾話「マグマダイバー」)
使徒に対し、初の攻勢を見せるネルフ。
使徒捕獲のため特殊装備で溶岩内に潜るエヴァ。灼熱のマグマ内での戦闘。
(註:この二話はアニメでは順序逆転。第九使徒マトリエルを国連軍将官が
 「八番目」というのはこのためか?)

第12話「18秒の奇跡」(→第拾弐話「奇跡の価値は」)
第3新東京市へ飛来する撃墜不能の使徒(大型爆弾)。
絶体絶命の危機。ミサト達の捨て身の作戦。

140 名前:The Origin of Evangelion 29[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:51:01 ID:tdJFXkJJ
第13話「恐怖の後に来るものは」
増長したシンジを待ち受けていた大敗北。大破するエヴァ初号機。機体内に閉じこめられるシンジ。
(註:タイトル名からこの回の使徒名イロウル(恐怖を司る天使)がつけられ、名前だけが
 アニメに残ったのだろう。故に名前と使徒の実態が一致しないと思われ)

第14話「死に至る病、そして」(→第拾六話「死に至る病、そして」)
大破した初号機からの救出劇。極限状況での人間ドラマ。真の恐怖を知り、絶望を味わうシンジ。
(註:13話は話数としては消えるが、これと14話の構想が一つにまとまり、アニメ版拾六話へ変化する)

第15話「シンジ、ふたたび」
放心状態からふたたび、自分の意思でエヴァに乗るシンジ。
大改造される初号機。
(註:この構想は第拾九話「男の戦い」に受け継がれるか。また改造初号機は
 ゲーム「エヴァンゲリオン2」のF型装備に受け継がれる。普通のロボット
 アニメならこれが第二クールの目玉)

27ページ
第16話「敵の心の中で」
敵に捕獲され、初めて使徒と会話を交わすシンジ。使徒の目的など一部が解明する。
(註:この構想も拾六話に残る。また弐拾弐話から弐拾四話と微妙にオーバーラップ)

141 名前:The Origin of Evangelion 30[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:51:44 ID:tdJFXkJJ
第17話「アスカ、初デート」(→第拾五話「嘘と沈黙」)
初めて遊園地に行くアスカ。、ミサトの昔話など全編これ、ラブコメ話。
(註:この辺でこういう話を入れる構想はこの時からあった。随分趣は変わったが)

第18話「命の、選択を」(→第拾八話「命の選択を」)
使徒の謀略により、親友の乗ったエヴァ3号機と戦うシンジ。彼の取る選択。

第19話「男の、戦い」(→第拾九話「男の戦い」)
シンジをかばい重傷をおってしまうアスカ。彼女に対し、男、を自覚するシンジ。
エヴァ初の空中戦闘。加持の死。
(註:「男」の意味がアニメと大きく違っている。ここから企画と本編が乖離を始める)

第20話「ネルフ、誕生」(→第弐拾壱話「ネルフ、誕生」)
独国から届くエヴァ5号機。
15年前の回想話。ベールを脱ぐ死海蒸発事件。ネルフやエヴァの開発秘話。シンジの父親の話。

第21話「せめて、人間らしく」(→第弐拾弐話「せめて、人間らしく」)
海底で朽ち果てた戦艦を舞台にした水中戦。敵の精神攻撃を受けるシンジ。シンジの母親の話。
(註:第八話、弐拾壱話、弐拾弐話にそれぞれ要素が分散)

142 名前:The Origin of Evangelion 31[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:52:36 ID:tdJFXkJJ
第22話「猫と転校生」(→第弐拾四話「最後のシ者」)
初登場する等身大人間型の使徒(猫を連れた美少年)。研究所内の侵入を許してしまうネルフ。
人型使徒の襲来に戸惑うシンジ。明らかにされる研究所の隠された秘密。
(註:貞本版の猫はこのサルベージ)

28ページ
第23話「人類補完計画」
明かされるエヴァと『人類補完計画』の秘密。リツコと父親の真の目的も知る。
(註:話のイメージとしては第弐拾参話「涙」と共有するものもある)

第24話「今、契約の時」
倒れるレイ。明かされる彼女の秘密。
ついに目覚め、月より飛来する最強の12使徒。米大陸ごと蒸発してしまうエヴァ6号機。
その圧倒的な力の前に、無力を自覚する人類。人が無に還る、契約の時が迫る。
絶望の中での人間ドラマ。
(註:この辺りのイメージは細分化されてあちこちに分散したり、或いは立ち枯れたり)

第25話「アルカ、約束の地」
キーとなっている古代遺跡『アルカ』を擁する研究所。
12使徒を止めるため『人類補完計画』を破棄し、その破壊を決意する国連上層部。反対する父親。

143 名前:The Origin of Evangelion 32[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:53:17 ID:tdJFXkJJ
レイのため研究所に留まるシンジたち。
異なった目的のために衝突する人間たちのドラマ。
(註:趣はまるで違うが、人間ドラマの対立部分は劇場版に共通の部分でもある)

最終話「たったひとつの、冴えたやり方」
終局である。
破壊された研究所を舞台に、全ての謎とドラマに決着がつく。
ラストは大団円。

29ページから32ページ イメージボードによるビジュアル的な見せ場

33ページ
以上が、本企画の概要です。
このように私たちは、
システムの中の人間、組織と人間の有り様
を描きます。

現在、社会全体で失われつつある、他人とのコミュニケーション。
家族や組織(学校)内での人間関係が、今や崩壊しようとしています。

144 名前:The Origin of Evangelion 33[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:53:55 ID:tdJFXkJJ
視聴者は、主人公の眼を通して、家族、友人、大人、社会との
コミュニケーションとは、何なのか? を考えていきます。
子供たちは、もはやマンガとゲームの中でしか、社会的疑似体験を知りません。
だからこそ、本アニメーションを観て、マンガやゲームでは味わうことの
出来ない「人の連なり」や「感動」など、フィルムならではの「おもしろさ」
を知ってもらいたい、と考えています。

また、私たちは、
斬新なイメージで、巨大ロボット同士の戦闘
に挑戦します。
不可視及びスペクトルレーザーや高周波ナイフ、使徒を破壊できる最後の武器
「ロンギニス(ママ)の槍」等の、多彩な新兵器。
山陵や田園等の美しい日本の自然や特殊な街並多用されるナイトシーン等の、
新しい舞台。
アニメーションが持つ動きの、気持ち良さ。
これまでにないビジュアルイメージを持った戦闘シーンの数々。


145 名前:The Origin of Evangelion 33[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 00:58:36 ID:tdJFXkJJ
私たちは、
90年代後半にふさわしい
新たな時代のロボットアニメーション
を目指しているのです。

企画・原作 株式会社ガイナックス(極秘朱印)



いかがでしたか?
原作の存在しないエヴァの、その原型の姿に、何を読みとられたでしょうか。
エヴァという物語を、庵野秀明が何故始めようとしたのか、そのメッセージも
伝わってくるような気がします。

エヴァ板はトナメから姿を消しますが、一人でも多くの方に新たにエヴァに興味を
持って頂き、また心の中のエヴァを思い出して頂けたということについては、
住人一同、心から嬉しく思っております。
それでは、ご縁がありましたら、別のトーナメントでまたお会いしましょう。
そしてエヴァ板はいつでも皆様のおいでをお待ち申し上げております。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/honsen_siori/50021015