2012年再訪の新しいエントリはこちらです


純日本のハンバーガーチェーン代表格といえば、モスバーガー。マクドナルドを皮切りに日本中がファーストフードブームに沸いた70年代前半に、モスバーガーとして成増の地に第1号店をオープンさせた。


大きな地図で見る

成増駅を降りて、徒歩1分。これほど駅から近い所にある本店も中々珍しいかも知れない。1軒家のような建物がモスバーガーである。

DSCF1420

2階建てのこぢんまりとした佇まいは、「街のハンバーガー屋」という趣きを感じさせる。

DSCF1422

朝6時から深夜の2時までの営業と、24時間営業に近い形態である。入り口などは他のモスバーガー店と何ら変わらない。

DSCF1424

店内は狭く、1階はほぼ厨房とカウンターのみであるので、ほとんどの人が2階席を利用する。

DSCF1423

モスバーガー成増店には、1号店であることを記念したものがたくさんある。全てのモスバーガーを代表した「感謝の気持ち」プレートが飾ってあったりする。

DSCF1425

DSCF1428

2階に行く階段の間に、様々な古い写真が飾ってある。全てモスバーガー1号店オープン当時のメモリアルなものであり、まさにこの成増店が1号店であることを強く印象付けられる。

DSCF1427
DSCF1432
DSCF1433
DSCF1434

オープン当初の店舗、カウンターに立つ創業者、にぎわう店内…。モスバーガー1号店のオープン当時を偲ぶ様々なモノクロ写真が飾られており、思わず立ち止まってみてしまう。

DSCF1429

2階フロアはこのように、狭いながらもどこか落ち着くような、どことなくレトロな雰囲気を残している。2階にも小さな注文カウンターがあるが、臨時のカウンターのようで、この時は使われていなかった。

DSCF1431

モスバーガー1号店の「ハンバーガー」と「山ぶどうスカッシュ」である。ハンバーガーは、パティの焼き加減が絶妙、かつバンズも良い加減で全体的にかなりバランスが良く出来ている。まさに1号店マジックというのか、総合的に他のモスバーガーより若干味が良い感じがするのは、やはり創業者の作ったレシピの基本に忠実なのか、一番舌が肥えたモスバーガーのマイスターが成増店を基準に味をチューニングしているのか。理由は分からない。しかし、明らかに他店舗よりも、素直な美味さがあることは確かだ。

ファーストフードチェーンは厳しい競争に晒されているモスバーガーも、ここ近年はかなり厳しい戦いを強いられているようで、メニューや素材、価格に様々な試行錯誤が見て取れる。ファーストフードなのにすぐに出てこない、その代わり抜群に美味い。モスバーガーはやはりそうあってほしいと願う。古き良き時代の良さを忘れないために、モスバーガーの原点を知りたくなったら成増に行ってみると良い。1号店のミラクルはここにもあった。

社長ご挨拶








本ブログ「本店の旅」が書籍化されました。全ページ書き起こし、最新情報化、そして全店舗とも広報確認済!
全国48店舗の飲食チェーン店の1号店/本店を巡りに巡った日本初のコンセプト「全国飲食チェーン本店巡礼 〜ルーツをめぐる旅〜」 全国書店、Amazonなどで発売中です!
是非お買い求め下さい。


Clip to Evernote