日本でエスプレッソ系のカフェとしてのスタンダード、むしろ世界のスタンダードといえば、スターバックス。
スターバックの1号店はアメリカはシアトルに存在する。


大きな地図で見る

フィッシャーマンズワーフや土産物屋、整備された公園があり、その美しい風景と新鮮な魚介類とで連日賑わいを見せるシアトルのパイクプレイスマーケットの一角、スターバックスの1号店はある。

IMG_0321


シアトルに観光で訪れる人は、パイクプレイスは必ず訪れるだろう。そしてスターバックスの1号店にも訪れるだろう。そのくらいここは「聖地」と化しており、是非1号店のスターバックス・ラテを飲んでみたい!と考えているお客さんで大変賑わっている。
1号店こそがフラッグシップ。これは万国共通である。

IMG_0322


スターバックス1号店が他と違う所はいくつかあるが、まず看板の色が茶色い所だろう。これは1971年、この地でのスターバックスの開業時のデザインであり、その後緑色の看板で世界展開をしても、ここだけは1号店のスピリットを守り通している。
ここに来るスターバックスファンは、そんな1号店スピリットに触れたく、世界中から集まってくるのだ。

IMG_0323


1号店では毎日、店の前で生演奏が披露されている。これもスターバックス1号店の伝統だ。

IMG_0324


長蛇の列である。ただ、ラテが飲みたいだけなのに…

IMG_0325


これがスターバックス1号店のカウンター。シンプルであり、むしろ質素だ。
よく見るスターバックスの店舗はもっとオシャレだろう。色々なアートも飾られていたりする。ここにはそれが無い。
1号店=質素、という、本ブログを進めていく中で遭遇した様々な事例は、ここアメリカでも同じであった。

IMG_0326


1号店のメニュー。

IMG_0327


バックには、開業当時の写真が飾られている。

IMG_0467


1号店バリスタのダブルピース!

IMG_0469


押し寄せるお客さんに対してバリスタ達は手際よく対応していく。この忙しさは、渋谷Qフロントのスターバックスに勝るとも劣らないのではないか。

IMG_0470


これがスターバックス1号店のスターバックス・ラテのアイス、トールサイズである。
1号店の味は、やはりここでも格別である。

IMG_0465


店内には、ここが1号店であることを示すプレートが飾られている。

IMG_0328


IMG_0329


1号店は持ち帰り用の販売物も豊富な品揃えだ。

今や世界中の先進国で知らない人はいないだろうと思われるワールド・スタンダードなカフェ、スターバックス。世界34カ国で展開しているそうだが、その1号店はシアトルの街角にある小さな店だ。
そして何より、1号店を大事にするスターバックスの姿勢が頼もしい。この姿勢があるからこそ、世界中から旅行者やスターバックスのファンが連日訪れるのだろう。紛れもない聖地である。が、そこには店の前で生演奏を続けるおっちゃんや、ノリの良い店員さんなど、創業当時の「何でも手作り」感が息づいていた。シアトルを訪れたら是非ここにも!

About Us (スターバックス(米国))








本ブログ「本店の旅」が書籍化されました。全ページ書き起こし、最新情報化、そして全店舗とも広報確認済!
全国48店舗の飲食チェーン店の1号店/本店を巡りに巡った日本初のコンセプト「全国飲食チェーン本店巡礼 〜ルーツをめぐる旅〜」 全国書店、Amazonなどで発売中です!
是非お買い求め下さい。


Clip to Evernote