全国に熱狂的ファンを持つラーメンチェーン店のひとつ、ラーメン二郎。その本店は、東京の三田にある。

DSC00161

山手線の田町駅から徒歩10分ほど、慶應義塾大学のすぐそばにあるここが、ラーメン二郎の本店だ。

DSC00178

三田本店はこの細いビルの1階にある、数人で満員になる店舗である。週末などは数十人が列をなすという。

DSC00163

入り口には食券販売機がある。

DSC00164

この食券販売機には、「三田本店 社訓」が貼られている。

1.清く正しく美しく、散歩に読書にニコニコ貯金、週末は釣り、ゴルフ、写経
2.世のため人のため社会のため
3.Love & Peace & Togetherness
4.ごめんなさい、ひとこと言えるその勇気
5.味の乱れは心の乱れ、心の乱れは家庭の乱れ、家庭の乱れは社会の乱れ、社会の乱れは国の乱れ、国の乱れは宇宙の乱れ
6.ニンニク入れますか?


ジロリアンと言われるラーメン二郎のファンなら、空で暗記しているのでは?と思えるほど、存在感のある社訓である。

DSC00165

また、創業者達のミニフィギュアも飾られている。

DSC00166

圧巻なのはこの壁で、慶応大学から送られた数々のフラッグが飾られている。古くは80年台のものから、つい最近のものまである。古いものであっても、現在も三田本店の店長である山田拓美氏の名前が入っており、この店の長い歴史を感じさせられる。

DSC00168

スープが煮込まれている寸胴。

DSC00173

最もベーシックなメニュー、ラーメンの小だ。

小とはいえ、普通のラーメン店の特盛くらいの大きさがある。また、ラーメン二郎はカスタマイズも人気であり、多くのお客さんが「野菜マシ」や「カラメ」などのマイ・カスタマイズでオーダーしているが、これは完全なノーマル。

DSC00174

それでいてこのチャーシューとモヤシの量、これがラーメン二郎の特徴だ。

DSC00176

麺は太く、食べごたえがある。沖縄そばと讃岐うどんの間くらいの感覚だろうか。

DSC00177

店を出ると、店の前にある健康系烏龍茶オンリーの自販機がオチとして待ち構えている。

多くの「信者」を持ち、「聖地巡礼」とまで言われるラーメン二郎の三田本店。
まさに「本店」の持つカリスマ性や歴史が存分に味わえる店舗である。