※画像はクリックで拡大

 最近、『ガンプラが高い!』という声を良く聞きますね。確かにもう1/144の標準とも言えるHGのキットでも2,000円じゃ買えなくなってきました。
 さて、相変わらずこのシリーズは部品が多いです。本当に多い。でもそれが全然良い方向に生かされてはいないと思うんです。部品が増えれば普通は緻密に見えると思うのですが、全く!そんな感じがしません。私自身でもこの写真を見て「3時間くらいで出来たかな?」みたいな出来上がりに感じます。
 でも、それも仕方ありません。何故ならこのキットは定価で税抜き8,100円!!信じられます?定価だと9,000円ですよ!確かMGのサザビーVer.Kaもそれくらいではなかったでしょうか?あとPGガンダムとか。定価で9,000円ですもの、緻密になろうがならなかろうが部品数は増えますよ。
 そして緻密に見えない理由はそれらが「もう二度と使わないな」や「これ何に使うんだ?」の部品ばっかりという事。そのほとんどが見栄えの緻密さに関係していないんです。いわば「オマケ」が多いだけの事。断言しますが、未塗装で塗装のスレを考えないとしても一度ロボットの方に変えたら素体の方に戻すのは至難の技でしょう。とにかく全身のハメ合いがカタいクセにプラスチックはモロい。これはいつも書いていますが、それなら半額にして「素体」「ガイガイガー」のどちらかだけで売れば良いと思うのですが。でもそうなると商売はウマくいかないのでしょう。だからどんどんアイテム数を増やしているのだと思います。きっとガンプラの様にロングセラーはネラっていない、という事なのでしょうね。
 そんな感じのこのキット。素体の方は良いのですが、ガイガイガーとやらにした時には残念ながらマスキングして塗装しないと本当にこういう風にはなりません。とても苦痛な作業の連続です。でもそれがプラモデルの醍醐味。意外や意外。軟弱そうに見えるこのシリーズが今一番プラモデルらしさとは何か?!を教えてくれているのかもしれません。あちこち削ってハメ合いを確かめたり、とかね。ただ、9,000円という値段はどうか?!と思いますが。
 それでも今回もなかなかカワいく仕上がったかな!と思います。いかがでしょうか?
1
2
3




 ご依頼品です。
 コレ、何なんスかね?私はボディビル大会での昨今での超有名な掛け声「肩にちっちゃなジープ載っけてんのかい!」というやつが大好きなのですが、もうこのプラモデルの前じゃそれを言って笑えないですよね。だって実際に肩にちっちゃな電車載っけちゃってんですもの。これをデザインした人はどう思いながらデザインしたのか、そして『カッチョイイ!』と思って買う人達はどう思っているのか、そこに考えの行き違いは無いのか?!と思ってしまうのですが、まぁそういった事は気にもせずに今回もカワいく組み立てて行くぞ!
 でも、多分今回もいつもの小学生の女の子がお小遣いを貯めて買ってきてくれたと思うので、そう考えればなんというか実にカワいらしい造形ですね。いかにも小学生の女の子向けっぽいです。相変わらず顔は「ちゃお」の顔していますし。というかもうイイ加減このシリーズも「ちゃお」と何かコラボレーションすればイイのにね。こういう顔ばっかなんだし。
IMG_5254


 しかし、コレ、何なんスかね?コレって良くファミレスのレジのそばに売っているヤツでしょう?いわゆる3歳児くらいが欲しがるおもちゃ。それ以外だったら何なんでしょうか?
IMG_5255


 まぁだから結局はおもちゃなんですよ。箱にも「色を塗らないでもこれだけカラフルに仕上がります!」と書いてありますが、(仮に)箱絵を「シリアスなフィギュア」と捉えるのだとしたら全然違うじゃん、っていう。肩に載っかっちゃってる電車なんて窓も車体と同じ色してるし3歳児くらいが喜ぶチャチなおもちゃですよ。色は塗らずに組み立てるとしたらね。まぁ色を塗ったからって上の写真見て『これは随分と精巧な模型だな』という人が居たらそれはそれでフフって笑っちゃいますけど。『何だよ?ガオーって』って感じ。
IMG_5256


 と、このカラダを半分以上棺桶に持って行かれている47歳の気持ちでしたが、組み立てについてはかなりシビアになります。ご覧の様に電車は1色。これを窓の黒、窓枠のグレー、ライトの黄色など、かなり細かい塗り分けをしないと箱絵の様にはなりません。今回はシールなども付属していません。塗り分けをしない場合は上の様な仕上がりとなります。
 どうしてこういう造りをするのですかね?完成形として箱絵があるのに全くそうならない。購買層は色を塗る層が大多数の前提なのか、それとも「どうせ色なんて塗らないよ!「美少女」とか書いておけば買ってくれるし、適当に組み立ててニヤついて終わりなんだから!」という前提のどちらなのでしょうか。
 いずれにしましてもこのコトブキヤのシリーズは相変わらず不親切とも言える歯応えのある模型です。
IMG_5257



 今回、実は御依頼主様から「このお人形さんに合う音楽を教えてください!」というご依頼もうけているんです。ですのでこの曲、ジェリー・ウォレスで「男の世界」を。せっかくなのでチャールズ・ブロンソンのマンダムのCMバージョンでどうぞお聴きください!



 頭のメカを組み立てていきますが、髪の毛のメカの情報量がやたらにアップしているんですよ。パネルラインがクッキリ出ているの分かります?ガンプラファンの皆様なら歓喜して踊り狂うと思われるのですが、お人形さんではそうはいきません。説明書の完成品の写真でもスムースですし。
IMG_5261


 どうもこの下の部分がデカくて出っ張ってしまう様です。コトブキヤのお人形さんは幾つも組み立てましたが、こういう事例は珍しいですね。説明書の最初の最初の工程の頭の部分で苦労させられるというのは初めてです。
IMG_5262


 下の部分を削ってなだらかにしました。この後、接着して隙間も埋めますよ。ガンプラファンの皆様はションボリです。
IMG_5263


 さて、コレ、どう思います?絶対にデザインした人は半笑いしながら買う人達をバカにしてると思います。だって真剣に考えてこんなパンツ(女性用ショーツ)、何処で見ますか?お店で見ます?こんなリボンが付いた真っ白なデザイン。まず普通の人ならこの2020年に思いつかないですよ。もし思いついたとしたらそれはもうまさしく完璧にギャグですよね。47歳の私だって1度たりともこんなデザインの下着は見た事がありません。もし実際に見たら『うわ〜!本当にあるのか!』と感激してしまいます。これはもう本当に40年以上も前の「テレビまんが」の世界での出来事、『ド根性ガエル』とかそういう世界のものですよ。
 なんというか別にこんなものに期待してはいませんが、それでもがっかりしますよね。個人的にはこういうの、『美少女フィギュア』とか言われる類は大嫌いですが、2020年の今で言うのなら私が子供の頃には無かったいわば一つの『文化』ですよ。それが40年以上も前のモチーフを引きずっているとは本当に残念。もっと見た事が無い、「あ〜若い人達が考えることってのはスゲぇなぁ」と感心させて欲しい。もっと見た事が無い最新のアプローチを見せて欲しいと思うんです。少なくとも白いパンツにチョコンとしたリボンはねぇだろ!と思うのです。
IMG_5264



 さて、ご依頼主様からの『チャールズ・ブロンソンは素敵だけど。さすがに男クサ過ぎて。もっとこのお人形に合う音楽はないですか?』というメッセージを頂戴しました。という事でDOUBLEはいかがでしょうか?やはり綺麗な声です。

コメントする

名前
 
  絵文字