郵政民営化で心ならずも自民党からの離党に追い込まれた議員さん、今回の復党問題が起こって、急に元気になった、までは良かったが、いざ復党となると踏み絵だなんだ、とややこしくなる。

 大体、自分から望んで離党した人は居ないはずである。小泉さんの方針で離党に追いやられたのである。それなら、今更、復党なんぞ、させなければいいではないか。
 無理やり党から追放したのに、何故いまになって復党させようとするのか。

 これらの人を復党させるのなら、小泉さんをまず離党すべきであろう。小泉さんが党内にいるまま、復党させると言うのはおかしい。
 そこで、もう問題にもならなくなった郵政民営化を今になって持ち出して、踏み絵と言う姑息な手段で、帳尻を合わせようとする。

 大体、一つの政党の中で、政策については、何時も全員意見一致とは行かないものである。一つの法案に対して、賛成、反対が同じ政党内であるのが自然である。
 賛成、反対を党内で論議してこそ、政党政治はいいのである。それを、刺客を差し向けて、反対者は出て行け、落選せよ、と言うのは、小泉流の、信長の比叡山焼き討ちのような、発想であったと思う。

 一つの事について、反対者は無理やり離党させて、意見を統一したいと言うのなら、今回の復党についても、むしろ復党賛成者は離党すべきである。その方が筋が通る。
 政策意見の相違で離党を強制された造反組を、反省したからと言って、簡単に復党させるべきではあるまい。しかも、落選組みは除くというのは、腹の中が丸見えで、みっともないではないか。復党させるなら、落選組も含めるべきであろう。

 安倍さんが、この件で言葉を濁すのはよくわかる。造反組を迎え入れるべきではないと思っているからである。しかし、そうすれば、来年の参院選は自民党が負けると言う。
 小泉さんは逆に、迎え入れたら自民党が負けると言う。安倍さんも困ってしまう。

 しかし、小泉さんのトーンは低い。自分で議員にした小泉チルドレンや、刺客たちを、もう必要ないと思っているからである。そこで使い捨て論が出た。
 小泉チルドレンも之からは本人次第である。甘えが許されないのは、小泉さんが言うとおりであるが、なんともねぇ〜

 何といっても、世の中、力があるものが勝つ。之は政治の世界では尚更なんだろう。そうなると議員さん国民の方なんか向いている暇は無い。
 教育問題でも、イジメ、自殺と、容易ならざる問題が起こっているのに、自民党はおざなりの対応だけで、造反組の復帰問題に夢中になっている。

 皆さん、このような政党に日本を任せておいていいものでしょうか?
 日本と同じように、子供のイジメ問題で困窮した英国で、国を挙げてイジメ問題を解決している様子がテレビで紹介されたが、日本の現状と比較して、出るのはため息だけである。

 自民党、無所属造反組のどちらも、今は復帰などに、何時までも拘わっているときではないでしょうに。
 もっと大事な問題に早く取り組む気はないのですか?国民のために。

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜新聞記事の引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自民は復党問題で筋を通せ(日経新聞社説11/25)

 郵政民営化法案に反対して自民党を離党した無所属議員らの復党をめぐる党内調整が本格化した。

 安倍晋三首相から調整をゆだねられた中川秀直幹事長は先に、造反組の窓口の平沼赳夫氏と会談した。中川氏は郵政民営化など昨年の衆院選のマニフェスト(政権公約)順守や、反党行為の反省などを復党の条件として示した。落選者を含めた無条件の復党を求める平沼氏との協議は平行線に終わり、27日に造反組が復党願を提出する段取りを決めるにとどまった。

 中川氏の対応には党内から「厳しすぎる」との批判が出ている。早期の復党を求めてきた青木幹雄参院議員会長は24日の党役員連絡会で「郵政のことをまた言うのはおかしい」と異論を唱えた。中川昭一政調会長も講演で「政治は最後には情というものがある」と述べ、中川幹事長が誓約書の提出などを求めていることを非難した。

 しかし造反組の復党は「情」で済ますことはできない。自民党は昨年の衆院選で郵政民営化を前面に掲げた政権公約を有権者に示した。造反組を公認せず、民営化に賛成する刺客候補をすべての選挙区に立てた。それが有権者の圧倒的な支持を得たのである。郵政選挙の大義を踏まえれば、選挙後に郵政民営化法案に賛成したからといって、復党を認めてもいいということにはならない。

 今回復党の対象となっている平沼氏以外の造反組は、選挙後に郵政民営化法案に賛成した。民営化支持が条件なら、この段階で復党の条件は整っていたといえるが、自民党はこの後に党紀委員会を開き、党の公認候補と選挙を戦った「反党行為」を理由に離党を勧告したのである。それからわずか1年で一体何が変わったのか。その処分を覆すのであれば、きちんとした説明が要る。

 年内に復党しないと、造反組は政党助成金を受け取れない。無所属議員には企業・団体献金の受け皿もなく、政治資金集めもままならない。一方、参院執行部などは来年夏の参院選で強固な後援会組織を持つ造反組の協力を期待する。このような事情で造反組の復党が現実味を帯びてきたが、有権者が自民党に求めているのは政党として筋を通すことだ。

平沼氏、復党見送り示唆 「熟慮を重ね27日に決断」(朝日新聞11・25)
2006年11月25日13時33分

 郵政民営化法案に反対して自民党を離れた衆院議員らの復党問題で、平沼赳夫元経済産業相は25日、岡山県津山市で開かれた会合で支持者と意見交換した。平沼氏は「熟慮に熟慮を重ねている。27日に決断する」と結論を保留した。だが、その後記者団に、「変な形で党に戻っても、何の主導権も発揮できないことも考慮しないといけない」と述べ、自民党の中川秀直幹事長が示した条件を変えなければ、復党願を出すことは難しいとの考えを示唆した。
 平沼氏はこの日の会合で、「一人の幹事長が突きつけた問題(条件)をのんで、私の先行きが開かれるのか、考慮しなければならない。自民党を愛するのはやぶさかではないが、今の自民党はどこかおかしいと思う」と語った。一方、支持者からは「筋を通すべきだ」との声が多く出されたが、「無所属では戦いにくい」と復党を求める声もあった。
 一方、中川幹事長は25日の広島市内での講演で、「安倍首相の本音は(無所属議員との)統一会派だ。それが困難なら国民、党員に理解と納得を得られるやり方でやってほしい。それが首相の考え方だ」と語り、平沼氏らに求めている復党のための条件は必要だとの考えを強調した。

自民幹事長「まず統一会派が首相の本音」・復党問題 (日経新聞11・25)

 自民党の中川秀直幹事長は25日午前、広島市内で講演し、郵政民営化法案に反対して離党した無所属議員らの扱いに関して「安倍晋三首相の本音は『本来は院内統一会派が望ましい、それが困難なら国民や党員の理解が得られるやり方でやってほしい』という考え方だ」と語った。
 復党願の提出期限は27日。差し迫った時期に中川氏が、まず国会での自民党との統一会派が念頭にあり、一気に復党に動くことには慎重だ、とする首相の「心境」にあえて言及しただけに、無所属議員らの姿勢に影響を与える可能性もある。
 中川氏は復党条件として(1)郵政民営化など昨年の衆院選の公約順守(2)反党行為への総括と反省(3)国民の理解を得るようオープンな場での説明――などを掲げている。平沼赳夫氏ら造反組の12人からは厳しい条件に反発が出ており、首相就任前には復党に一定の理解を示していた安倍首相の最終判断に期待する声も出ている。 (14:10)

自民復党問題、平沼氏の扱いで悩む造反組(日経新聞11・25) 

 郵政民営化に反対して自民党を離れた造反組の議員たちが、厳しい復党条件に難色を示す平沼赳夫氏抜きで復党願を出すのか、あくまでも一括復党を目指すのか、悩んでいる。平沼氏を含む無所属12議員は24日、協議したが、結論は出なかった。当初は復党受け入れに前向きとされた安倍晋三首相があいまいな発言をしていることも混迷に拍車を掛けている。

 「とにかく助けてください」。協議の場で出席者の1人はこう叫んだ。保利耕輔氏が「一番つらい立場にあるのは平沼さんなんだ」と取りなし、堀内光雄氏は「平沼さんに任せたのだから、平沼さんと最後まで一緒にやろう」と続いた。 (07:01)

「踏み絵」迫る中川幹事長に批判噴出 郵政造反組復党問題 (サンケイ新聞11・24)

 郵政造反組の復党問題をめぐり自民党内では24日、郵政民営化の賛成や反党行為の反省などを条件とした中川秀直幹事長に対する批判が噴出した。党執行部内で中川氏は孤立しつつあり、最終的な対応は安倍晋三首相の「決断」に委ねられそうだ。
 久間章生防衛庁長官は同日午前の閣議後の記者会見で「自民党に入りたい人は1人でも2人でも入れたらいい」と述べ、条件をつけずに平沼赳夫元経済産業相らの復党を認めるべきだとの考えを示した。青木幹雄参院議員会長も同日の党役員連絡会で「(造反組が昨年の特別国会の)衆院本会議で法案に賛成したことは最大の意思表示だ」と指摘した上で、「来年の参院選目当ての復党ではなく、人情論でいっている」と述べ、中川幹事長に復党問題での柔軟な対応を求めた。
 また、中川昭一政調会長は記者団に、前日の講演で「政治は最後には情がある」と幹事長の姿勢を批判したことについて「党三役もそれぞれルールの中で発言をしている。逐一同じことを言うと、どこかの国みたいになるではないか」と語り、執行部内での意見対立はやむをえないとの考えを強調した。
 これに対し、中川幹事長は記者会見で「国民との約束を実行するためには非情覚悟でやらなければならない。自民党は仲良しクラブではない」と述べ、平沼氏らに示した復党の条件を変更しない考えを改めて強調。中川政調会長からの批判にも「情だけが支配することになれば、国民から相当の批判を受ける」と反論した