余りにもアメリカというかトランプ大統領にひっつきっぱなしの安倍総理。どうも遣ることはおかしくなってきた。

 これは北方領土をあれほど解決すると云っていた安倍さんなのに、良いチャンスに乗り切れなかった。

 チャンスというものは後ろ髪のない女神であると良く云う。事前に積極的に掴み損ねれば、もう二度とチャンスは戻ってこない。

 惜しいことだと「やぶにらみ」は思うが、これに反対の意見も多い。政治決断はタイミングが難しいと云うが、これは何も政治だけの問題ではあるまい。

〜〜〜〜〜新聞記事〜〜〜〜〜〜〜

ロシア、在日米軍展開懸念払拭を 平和条約交渉でプーチン氏(東京新聞12.21)
2018年12月21日 01時18分

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は20日の記者会見で、日本との平和条約交渉について、締結後の北方領土への米軍展開を含めロシアの懸念を払拭するのが先決との考えを示し、「日本側の回答なしに重要な決定を行うのは難しい」と述べた。また沖縄県で民意に反し米軍基地の整備が進んでいることを例示し、日米同盟下で日本が主権を主体的に行使できているのか疑問を呈した。
 安倍晋三首相と11月に加速化で合意した平和条約締結交渉に際し、日本が主権国家として米軍の安全保障戦略に歯止めをかけるよう求めた形。

プーチン大統領の投げた絶好球を見逃し三振する安倍首相(BLOGOS12.20)

歴史が動く時とは、こういう時の事を言うのだろう。
きのう12月20日、プーチン大統領が年末恒例の大規模な記者会見を開いた。
そこで世界を前にしてこう発言したというのだ。
北方領土に米軍施設を置かないことについて日本から回答がなければ平和条約の締結は難しいと。
そして返す刀で、沖縄についてこう言及したというのだ。
知事が反対しているのに米軍基地を強化しようとしている。日本には主権がないのかと。
これはもちろん北方領土交渉を有利に進めようとするプーチン大統領の牽制だ。
安倍首相と官邸、外務省は、腰を抜かさんばかりに衝撃を受けているに違いない。
北方領土で解散・総選挙に打って出るという目論見は危うくなった。
そう安倍首相は慌てているかもしれない。
安倍首相ならずとも、これまでのどの首相も狼狽しただろう。
しかし、私が安倍首相ならピンチをチャンスにする。
このくせ球を絶好球とみなして渾身の一振りをし、バックスクリーンに満塁逆転ホームランを叩き込む。
それができるのは今だからだ。
そして安倍首相だからできるのだ。
安倍首相はプーチン大統領ともトランプ大統領とも世界一仲が良い。
おまけにトランプ大統領はプーチン大統領にロシア疑惑で急所を握られている。
そのうえ、ビジネスで成功したトランプ大統領は、外交・安保政策はまるでだめだ。
シリアから米軍を撤退させてロシアの支配を許している。
安倍首相はトランプ大統領にこう言って迫ればいいのだ。
国民生活を犠牲にしてまで米国の武器を買いました。
国内の軍需産業の支払いを引き延ばしてまで買いました。
プーチン大統領を怒らせてまで地上配備型迎撃ミサイルを買いました。
新防衛大綱を決めて、これからもどんどん米国の武器を買います。
だから、歯舞・色丹に米軍基地を置かないという口約束ぐらいはしていただきたい。
海兵隊のグアム移転経費などいくらでも出すから辺野古基地建設はやめましょう。
オバマ大統領が進めたことはすべて否定するのではなかったのですか。
世論の反対で私が倒れたら、トランプ大統領を手放しで応援する指導者はいなくなりますよ。それでいいんですか、と。そう安倍首相が本気で迫れば、トランプ大統領はあっさりと応じるかもしれない。
こんな事はトランプが米国の大統領の時しかできないことだ。
地球儀俯瞰外交の安倍首相しかまねの出来ないことだ。
安倍首相とプーチン大統領、トランプ大統領の関係があってこそできる。
そして、もし北方領土問題と沖縄問題が同時に解決出来れば、その時こそ歴史的偉業を成し遂げことになる。
祖父の岸信介首相が出来なかった対米自立外交を実現することになる。
間違いなく解散・総選挙に打って出て勝利をつかめる。
私が安倍首相ならそう決断する。
しかし、度胸も外交手腕もない安倍首相は、プーチン大統領の投げた絶好球を見逃し、三振して終わるだろう。
そしてチャンスを見逃せば、二度とチャンスは来ない。
はたして安倍首相はどう対応するのだろう(了)