明けましておめでとう御座います。
今年は大晦日に孫、曾孫がやってきて、大変でブログの新年挨拶が書けませんでした。

それに今年のイノシシは何処へ猛進してゆくのやら全く判らない状態です。
安倍さんの挨拶も、平成最後の年で新しい年の抱負を語って居ますが、どうも内容がちぐはぐのような気がします。

憲法改正に意欲を見せる一方で中国との親善、対ロシアとの平和条約締結と云っていますが、これは相反する方向なので難しい舵取りが予想されます。

新しい年は、今までより経済問題、外交問題で日本の前途は苦しくならなければと願います。安倍さんの舵取りは良いとしても、憲法改正だけは暫くは引っ込めて欲しいと思います。

しかし、平成の終わりの日本、新しい年号が決まれば、きっといい方向付けがされるでしょう。国民の心が反映する政治の年にしたいものです。