『宇宙戦争』

原題:WAR OF THE WORLDS
製作:2005年米
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ティム・ロビンス

彼らは、すでに地球(ここ)にいる

地球最後の戦争は 人類が起こしたものではない。
いま試される、愛と勇気―― 



宇宙戦争1


















スティーブン・スピルバーグとトム・クルーズが『マイノリティ・リポート』再び組み、有名なH・G・ウェルズの同名原作を映画化したSFスペクタクル大作。


アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な男。
別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいた。

そして子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れた。
晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、吹き荒れる強風の中、激しい稲光が地上に達し、地面に巨大な穴を空ける。

すると大地が震え、地中で何者かが激しくうごめき始めたのだった。

その光景を呆然と見つめていたレイ。

町が次々と破壊され、人々がパニックに陥る中、レイは子どもたちのもとへ駆けつけ、彼らを守るため懸命に奔走するのだった。



トム・クルーズがヒーローでも殺し屋でもなく、力なき一米国市民を演じるのは目新しかったけど、ただそれだけ。ダコタちゃんも叫ぶばかりで、いつもの光った演技がみれず残念。

そして、何よりがっかりしたのはオチ。長い間地球を観察していたエイリアンが、微生物にあっさり侵されてしまうなんて、アリ


人気blogランキングへプチッとお願いします!








宇宙戦争