『シンデレラマン』

原題:CINDERELLA MAN
製作:2005年米
監督 ロン・ハワード 
出演:ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ

《公開時コピー》

――心で語り継がれる《奇跡の実話》――




かつては前途有望なボクサーとして活躍していたジム・ブラドックが、1929年、右手の故障がきっかけで勝利に見放され、引退を余儀なくされる。
時を同じくしてアメリカを大恐慌が襲い、ジムは家族を養うため、港の荷揚げの仕事で食いつなごうとするが、日雇いのために収入は安定しない。
そんなジムにかつてのプロモーターだったジョー・グールドから与えられたチャンス。奇蹟の序章が訪れる――

シンデレラ2







人気blogランキングへプチッとお願いします!


『ビューティフル・マインド』で組んだロン・ハワード&ラッセル・クロウとレネー・ゼルウィガーのトリオでアカデミー賞狙い丸出しに作った本作。

でも昨年『ミリオンダラー・ベイビー』がボクシング映画で取ったから、2年連続っていうのはどうでしょう


でも、ファイト・シーンはかなり迫力があったラッセル・クロウが本物のボクサーに見えるくらい。
レネーの耐える妻ぶりもなかなか。


それにも増して良かったのが、マネージャーであり、親友ジョー役のポール・ジアマッティ

『サイドウェイ』でも、サエない中年男役を好演しているが、今回の演技は更に良い

彼の演技がこの作品に重厚さをもたらしているといっても過言ではない。

この作品でアカデミー賞が取れるとしたら、彼の助演男優賞くらいだろう。

ただ、余談ながら、1967年生まれにしては、老け過ぎではないかしら?(~_~;)


シンデレラマン

シンデレラ1