『シン・シティ』

製作:2005年米
監督:フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ
出演:ブルース・ウィリス/ジェシカ・アルバ/ベニチオ・デル・トロ/ミッキー・ローク


憎しみと裏切りが支配するこの“罪の街=シン・シティ”で、己のルールに従って生きる3人の男たちは、絶滅したはずの愛に出会う。闇の権力に脅かされる女たちを守るため、彼らは命を懸けた闘いに挑む。



シン・シティ










3次元のデジタル背景と洗練された色彩調整で、クールな映像が出来上がっている。要所々の『』がとても効果的。



ジェシカ・アルバは、ダンス・シーンが何とも妖艶で素敵だったけど、ジェシカファンとしてはもう少し出番が多ければ良かったな――と



シン・シティ2

シン・シティ1






それに引き替えデボン青木は、今まで演じた役柄の中で一番かっこ良かった日本刀やら手裏剣でバシバシ首ハネまくりで・・・

マーブ役のミッキー・ロークは特殊メークが見事過ぎて、誰だかわからなかった

この映画は暴力シーンも多いし、クセのある映像なので、好き嫌いがはっきり分かれそう


 人気blogランキングへプチッとお願いします! 




罪都市 ポスター【GOODS MART】
罪都市 ポスター【GOODS MART】
罪都市 ポスター【GOODS MART】



◎ 歌手・安室奈美恵(27)の新曲「Violet Sauce」が10月1日公開の米映画「シン・シティ」日本版イメージソングになることが8日、発表された。同曲は17日からオンエアの映画のCMに使用される。


◎ 『シン・シティ』のCMに、広告基準協会がダメ出し

『シン・シティ』のCMが、「子供にふさわしくない」として広告基準協会(ASA)から禁じられてしまった。

問題のCMはバスの待合場所に設置され、ボタンを押せば映画のクリップや静止画を見ることができる。

ASAは、「このクリップには、人々がお互いに銃を放つシーンや、殴り合い、車のクラッシュなど、子供たちが見るのにふさわしくない暴力的なシーンが含まれている」とコメント。

宣伝会社は「クリップはR−15の予告編から注意深く選ばれており、バス停のボタンも子供が届かない高い位置に設置してある」と反論しているが、ASAはこの宣伝を繰り返さないよう警告している。