『奥さまは魔女』


原題:BEWITCHED
製作: 2005年米
監督 ノーラ・エフロン
出演:ニコール・キッドマン /ウィル・フェレル /シャーリー・マクレーン/マイケル・ケイン


【公開時コピー】

愛という、永遠の魔法。

普通の恋。
それは、たったひとつ叶わない夢。



奥さまは魔女3










ある日、魔女イザベル(ニコール・キッドマン)は、魔法を使わずに普通の生活をし、普通の恋がしたいと人間界へ舞い降りる。

一方その頃、最近すっかりヒットから遠ざかっている元トップスターのジャック(ウィル・フェレル)のもとに、TVドラマ「奥さまは魔女」のリメイク企画が舞い込んでくる。

これを機に俳優としての地位を復活させようとしているジャックは、ダーリン役の自分を目立たせるため、サマンサ役には新人女優を起用したいと考える。

ところが、なかなかイメージ通りの女性が見つからず苦労していたジャックは、ある日街で偶然イザベルを目撃、サマンサのイメージにピッタリと彼女を大抜擢するのだった。

こうして魔女であることを秘密にしたままジャックとの撮影に入ったサマンサだったが、いつしか2人は私生活でも恋に落ちてしまい…。




1964年から1972年にアメリカでTV放送され、日本でも大ヒットなったTVドラマシリーズ『奥さまは魔女』を、オスカー女優ニコール・キッドマンと人気コメディアンのウィル・フェレル主演で現代風にリメイクしたファンタジー・ラブ・コメディ。

共演も『愛と追憶の日々』のシャーリー・マクレーンと『バットマン・ビギンズ』のマイケル・ケインという豪華な顔ぶれ。監督は『ユー・ガット・メール』のノーラ・エフロン。


 奥さまの名前はサマンサ。 そして、旦那さまの名前はダーリン。
   ごく普通の二人は、ごく普通の恋をし、ごく普通に結婚をしました。
    でも、ただひとつ違っていたのは、奥さまは“ 魔女 ”だったのです。
 




奥さまは魔女4




子供の頃大好きだった『奥さまは魔女』のリメイクをニコールが演じる――っていうので、公開をすっごく楽しみにしてた。

いつもは凛としたとか、颯爽としたっていう形容詞が似合う役柄が多いニコールが、この作品ではとにかく可愛いっ

ピョンピョン跳ねるし、怒ったり、恥ずかしがったりする表情も新鮮でキュート

衣装とインテリアも可愛いので必見

ダーリン役のウィル・フェレルは・・・私個人としてはいただけないなぁ

最初この役の候補に挙がってたジム・キャリーか、ビンス・ボーンの方が良かったな〜。


イザベルパパ役のマイケル・ケインは、ここでも際立ってました
お菓子のパッケージになって登場したりするのがお茶目で。。。

格好良くてお茶目なあんなパパなら、私も欲しい〜〜


人気blogランキングへプチッとお願いします!







奥さまは魔女2








懐かしいアメリカTV版はこちら
  




奥さまは魔女 old