『タイタンズを忘れない』
公式サイト:

原題:Remember the Titans
製作:2000年米
監督:ボアズ・イェーキン
出演:デンゼル・ワシントン/ウィル・パットン/ウッド・ハリス/ライアン・ハース/キップ・パルデュー


タイタンズ

















《公開時コピー》

アメリカが最も愛した友情が、ここにある。


保守的な田舎町のフットボール・チームをめぐる実話を映画化した感動作。
監督は「アップタウン・ガールズ」のボアズ・イエーキン。製作はジェリー・ブラッカイマー。
出演はデンゼル・ワシントン、キップ・パルデュー、「パニッシャー」「60セカンズ」のウィル・パットン、「マーシャル・ロー」のウッド・ハリス、「パッチ・アダムス」のライアン・ハースト、「クルーレス」のドナルド・フェゾン他。




タイタンズ1タイタンズ2










1971年、アメリカは公民権運動によって人種差別撤廃が叫ばれていた。
しかし、ヴァージニア州アレキサンドリアのような田舎町では、そうした社会変化に順応できない。
そんな中、白人の高校と黒人の高校が町の猛反対を押し切って統合され、町の最大の関心事でもあるフットボールチームタイタンズが結成される。
そのヘッド・コーチとなったのが、黒人のハーマン・ブーン(デンゼル・ワシントン)。
これまでヘッド・コーチを務めていたビル・ヨースト(ウィル・パットン)は自分の地位が黒人に奪われたことにショックを受けるが、やがてアシスタント・コーチを引き受ける決心をする。
それでも人種の壁がチームにゴタゴタを起こしていた頃、都会からロニー(キップ・パルデュー)という転校生がやってくる。
陽気で進歩的な彼の姿勢は、チームに影響と活気を与えた。そしてこの白人・黒人混成チームは大会で快進撃を続け、州大会の決勝に進み、一進一退の激しい攻防戦の末、見事に優勝するのだった。

タイタンズ3











人種差別を絡ませながら、アメリカでの人気スポーツ、フットボール・チームを描いた物語。
定番ものだけど、黒人と白人双方の視点から描かれていたので、なかなか見応えがあった。
黒人と白人が同じフットボール・チームで、ガタガタと揉め事を起こしながら徐々に友情を育み、高校選手権を勝ち上がっていくストーリーは、やっぱり感動的
保守的な人達のこともきっちり盛り込んで描いてあるので、偽善的になることもなかったのが良かったのかな。

ただ、ちょっと気になったのが、主人公のハーマンは迷うことも悩むことも全くなく、完璧過ぎない?ってこと。
もう少しハーマンの人となりを描いても良かったんじゃないかなぁ?
人としての魅力に欠けていて、選手やコーチがハーマンを信頼し、ついていくっていう設定に無理を感じる。

実話物でよくある、エンド・クレジットでの【登場人物達のその後
本作にもあったけど、これって意外と面白いんですよね〜


人気blogランキングへプチッとお願いします!











デンゼル・ワシントン出演作品