『下妻物語』
公式サイト:http://www.shimotsuma-movie.jp/

製作:2004年日本
監督:中島哲也
出演:深田恭子/土屋アンナ/宮迫博之/篠原涼子




下妻TOP 

























《公開時コピー》

わたし根性ねじまがってまーす

桃子とイチゴの、
あまくない友情!?



下妻1下妻2









原作は、乙女のバイブルとしてその名を馳せる、超カリスマ作家・嶽本野ばら(タケモトノバラ)。
ロリータファッション命のマイペース少女が、ひょんなことから全く対称的なヤンキー娘と出会い、一緒に小さな冒険を繰り広げる中で次第に奇妙な友情を築いていく姿を、テンポ良く爽やかに描く。
主演は「阿修羅のごとく」の深田恭子と人気モデルの土屋アンナ。監督はCM界の鬼才・中島哲也。


下妻3下妻4









茨城県下妻市。田んぼだらけで未だにヤンキー文化が隆盛を誇る田舎町。
そんな土地で、全身フリフリのメルヘンチックなファッションに身を包み周囲から浮きまくりの女子高生・竜ヶ崎桃子(深田恭子)。
彼女は、東京の代官山にある某ロリータファッションブランドに熱を上げており、片道約2時間半の道のりにもめげず、毎週のように通い詰めていた。
桃子は服代を稼ぐため、父親(宮迫博之)がかつて失敗し家に山積みだった某有名ブランドの偽物商品の個人販売まで始めてしまう。
するとある日、特攻服で原チャリをかっ飛ばすヤンキー娘・イチゴ(土屋アンナ)がそれを買いに現われた…。




下妻5下妻6







桃子は人間は所詮ひとりと達観し《貸したものは戻ってこない。だからほんとに大切なものは貸さない》主義。
対してイチゴは《借りたものは返す》主義。

そんな2人がふとした偶然で出会い、深い所で互いを理解しあっていく──その描写がとても上手く描かれていて、予想以上に面白かった
脇役に樹木希林、阿部サダヲ等の芸達者を揃えたのも成功した一因

ラストの乱闘シーンで深田恭子がタンカを切るところもなかなか迫力があって、良かった
しっかし深田恭子のロリータ・ファッション姿、意外にハマッてたなー。
カリスマ・モデル土屋アンナのヤンキー・ファッションも。ハスキー・ボイスがまた、いかにもそれらしくって。。。

小池栄子のレディース姿、いつもよりやけに色っぽかった。。。
私がまだ中学生位の頃、あんな格好をしてる人がTVに出てたりしてて、『カッコいいな〜!』って憧れてたっけ…。懐かしいわぁ

Tommy heavenly6の音楽も、ストーリーの雰囲気と合っていて良かった。
普段全く聴かないジャンルなので、新鮮だった


人気blogランキングへプチッとお願いします!











下妻物語 スペシャル★エディション(初回生産分のみ限定仕様)






土屋アンナ 「anna 3(さんじょう)」 [26%OFF]I




深田恭子 出演作品





土屋アンナ 出演作品





中島哲也 監督作品