『ローマの休日』デジタル・ニューマスター版


公式サイト:http://www.roman-holiday.jp/


原題:ROMAN HOLIDAY
製作:1953年アメリカ
監督:ウィリアム・ワイラー
出演:オードリー・ヘプバーン/グレゴリー・ペック/エディ・アルバート



ローマ1













《公開時コピー》

最高に美しい…

全世界の恋人オードリー・ヘップバーンの代表作!




ローマ2ローマ3













ヨーロッパのとある国の王女アン(オードリー・ヘプバーン)が、親善旅行の一環でローマを訪れる。

堅苦しい公式行事や、常に側近たちに囲まれたプライバシー皆無の日々に不満を募らせていたアン王女は、深夜、こっそりと滞在先の宮殿から抜け出す。
好奇心いっぱいの彼女は、着の身着のままローマの街へ繰り出し、たった一日だけの自由を謳歌する。

偶然出会ったアメリカ人新聞記者ジョー(グレゴリー・ペック)は、素性を明かさないアンの正体に気づき、王女の特ダネ記事をものにするためにローマ見物の案内役しているうち、2人は恋に落ちる…。



ローマ4ローマ5












こんな風にあらすじを書くのもおこがましいほど有名な、“世紀の妖精”オードリーの代表作
もう何度観たかわからないほど観ている作品なのに、昨夜TVで放送していたのをまた夢中になって観てしまった。。。


クリスマスに良く似合う、ロマンティックな映画
スペイン広場、トレヴィの泉、コロッセオ、オープン・カフェ、真実の口を巡っていく2人。。。
観ているうちに私がアン王女になっていく――(笑)

オードリーの上品で可憐で清楚な魅力全てをフィルムに残してくれたウィリアム・ワイラー監督に、賞賛の拍手と感謝の気持ちを送りたい

ただこの作品は日本語吹替えではなく、やっぱり字幕で楽しむべき。
アン王女の気品と可憐さは表情だけじゃなくて、声からも感じられるものだから…。

名セリフの
『It would be difficult to・・・,Rome! By all means,Rome. I will cherish my visit here in memory,as long as I live.』
もオードリーの声のままが、なんと言っても素晴らしい

昨夜の吹替えはちょっと固い声で、私の中のイメージと残念ながら合ってなかった



ローマ6ローマ7











[ 受賞歴 ]

  第26回アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞

  第26回アカデミー賞最優秀脚本(原案)賞受賞

  第26回アカデミー賞最優秀衣装デザイン賞受賞

  1954年イギリスアカデミー賞最優秀主演女優賞受賞

  1954年ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞受賞

  1954年ニューヨーク批評家協会賞最優秀主演女優賞受賞

  第6回全米作家協会賞 最優秀全米脚本(コメディ)賞受賞

  アメリカン・フィルム・インスティテュート100周年記念 恋愛映画ベスト100 第4位


人気blogランキングへプチッとお願いします!



ローマ8