『SAYURI』


公式サイト:http://www.movies.co.jp/sayuri/

原題:MEMOIRS OF A GEISHA
製作:2005年アメリカ
監督:ロブ・マーシャル
出演:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/コン・リー



《公開時コピー》

絢爛
  無垢
    毅然



SAYURI



































一人の芸者の数奇な運命を描いたアーサー・ゴールデンの世界的ベストセラー『さゆり』を、スティーヴン・スピルバーグ製作の下、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督がメガフォンをとり豪華に映画化。
主演は「HERO」のチャン・ツィイー、共演に「ラスト サムライ」の渡辺謙と「グリーン・デスティニー」のミシェル・ヨー、中国映画界のトップ女優コン・リー。
また日本を代表する名優、役所広司、桃井かおりも本作で記念すべきハリウッド・デビューを果たす。



SAYURI1SAYURI2









貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代。
そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃がいた。
下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”と呼ばれる立派な紳士が優しく声を掛ける。
この一瞬の出会いが千代に確かな希望をもたらした。
以来、芸者になって会長さんにもう一度逢いたいと夢見る千代。
15歳の時、そんな千代に転機が訪れる。
一流の芸者、豆葉が千代を芸者として育てたいと申し出たのだった。
そして、豆葉の厳しい指導の末に千代は芸者“さゆり”となり、やがて花街一の芸者へと花開いていくのだった…。

 

SAYURI3SAYURI4








チャン・ツィイーが“さゆり”役を演じるということで観るのをためらっていたけれど、ロブ・マーシャル監督の『シカゴ』がとても良かったことを思い出し、鑑賞。
 
初めの頃こそ英語に日本語が時折混ざるセリフに違和感を感じたものの、美しい映像とストーリーにのめり込み、そのうちあまり気にならなくなった。
 
そして、1番気がかりだったチャン・ツィイーの“さゆり”は、見事のひとこと
会長さんを一途に想うその姿はとても可愛らしかったし、日本舞踊でも歌舞伎でもないあの踊りの場面は、さすがに美しかった〜〜
日本の女優さんでここまで魅せることが出来る人は、残念ながら今はいないかも…。
 
しっかし女の世界はコワイ…
初桃(コン・リー)は改心することなく、最後までさゆりに対しては徹底してイヤな女で通していたし、置屋のおかあさん(桃井かおり)も、よくいる意地悪でがめついオバサンだった。
そしてさゆりの親友だった心優しいおカボさえ、最後の方で女の怖さを見せた…。
まぁだからこそ、さゆりの素直で健気な姿が活きてきたんだけどね

 
そういえば、劇中字幕では“おカボ”と出ていたけど、実際のセリフでは“パンプキン”(笑)
芸者の名前としては――っていうか、人の名前としてはあまりに酷くないですかぁ〜?
 
そして、ミシェル・ヨーが倍賞三津子に見えてしまったのは――私だけ
 
 
何はともあれ日本人でも知らなかったりする【芸者】を、尊敬の念を持って描いたステキな作品でした。



=ハリウッド映画「SAYURI」、中国での上映禁止=


23日付の香港紙「東方日報」等で、チャン・ツィイー主演の「SAYURI」の、中国での上映を当局が禁止したと報じた。


中国ではインターネット上に「中国人の魂を売った」「国辱を忘れるな」等う、中国人女優が日本人芸者を演じることに反発する書き込みが多く、映画やテレビ番組などの内容を審査する国家ラジオ・映画・テレビ総局が、世論の反発を考慮して上映禁止を決めたという。

(2006.1.23)


中国では「情人節」(バレンタインデー)に合わせて公開予定だった。



人気blogランキングへプチッとお願いします!


SAYURI5