『キング・コング』(今年1作目)



公式サイト:http://www.kk-movie.jp/top.html

原題:KING KONG
製作:2005年アメリカ
監督:ピーター・ジャクソン
出演:ナオミ・ワッツ/ジャック・ブラック/エイドリアン・ブロディ



キングTOP




























1930年代初頭のニューヨーク。
野心家で大胆不敵な映画監督カール・デナム(ジャック・ブラック)は、かつてない冒険映画を撮ろうと、誠実な脚本家ジャック・ドリスコル(エイドリアン・ブロディ)と美しい女優アン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)を加えた撮影クルーを率い危険な航海に乗り出す。
そして、ついに幻の孤島“髑髏島(スカル・アイランド)”へと辿り着いた一行。
カールはさっそく撮影を開始するが、やがてアンが原住民にさらわれてしまう。
救出に向かったクルー達だったが、彼らはそこで想像を絶する世界を目の当たりにするのだった…。


キング1キング2









キング3キング10









キング16キング17








1933年公開の『キング・コング』を、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが、現代に甦らせた。
映画史上最強のモンスター『キング・コング』がリメイクされるのは、実写映画としては6作目。

また、オリジナル版の制作費は1933年当時で67万ドル(約8040万)、本作の制作費は2億700万ドル(約248億4000万)。



キング9キング8

















キング18キング20








ピーター・ジャクソンは子供の頃、オリジナル版『キング・コング』を観て、映画監督になろうと決意したと言うだけあって、キング・コングに対する愛情と情熱は188分にも及ぶスクリーンから十分過ぎるほどに伝わってきた。

もしかしたら私の今年のベスト1になるかも…って気の早いことを考えちゃうくらいに、良い映画だった〜〜

ん〜〜んっピーター・ジャクソン、最高っ


私は『キング・コング』を観たことがなかったので、キング・コングと美女が出てくるってくらいしか知らなかった。
それがこんなに切ない作品だったとは、正直なところ、想像もしてなかったのよねー。

それが、冒頭、レトロな雰囲気の町並みと音楽が流れてきた途端、スクリーンの世界に吸い込まれていき、その後は作品の長さがぜんぜん苦にならないまま、最後まで観終えてしまった。
私にしては、それってとても珍しいこと。。。


特に印象深かったのは、スカル・アイランドで夕日を見ながら心を通わせるシーン。
この直前のシーンでは、アンを守るため、牙を剥き出し恐竜と戦っていたコングが、うって変わって、静かで穏やかな時間をアンと二人きりで過ごす。
その雰囲気と美しい景色が見事

もうワンシーンが、N.Y.の氷が張った池の上で滑って無邪気に遊んでるところ。
人間達に追われてる最中のホンの一時の休息。
この後に待ち受けてるだろう不吉な影を予感しつつ、コングとアンがその一瞬を心から楽しんでる様子が余計に愛しく思えた


CGの技術が発達していたおかげで、キング・コングが実際存在しているかのようにリアルだった上に、とるリアクションや表情がとても人間味に溢れていたので、どっぷり感情移入してしまい、ラストでは涙がこぼれてしまった…


キング4キング5








キング6キング7








キング・コングのテリトリーに勝手に土足で入り込み、自分達の都合でそこから無理矢理連れ出して自由を奪い、挙句の果てには危険だからと排除する――そんな身勝手な人間達に、同じ人として哀しみと怒りと情けなさを強く感じた…

『ハリウッドはやっぱりネタ切れなのかしら今更『キング・コング』なんて〜〜』と思っていたけれど、それは大間違い

この映画はまさに名作
アドベンチャー映画の金字塔といわれることだけのことはある


まだ観てないあなた

これは必見ですよ〜〜



キング11キング12








キング14


















人気blogランキングへプチッとお願いします!


















ジャック・ブラック 出演作品





ナオミ・ワッツ 出演作品





ピーター・ジャクソン 監督作品