『エターナル・サンシャイン』(今年2本目)


公式サイト:http://eternalsunshine.gaga.ne.jp/

原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND
製作:2004年アメリカ
監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/キルスティン・ダンスト/イライジャ・ウッド/マーク・ラファロ/トム・ウィルキンソン


《公開時コピー》

“さよなら”の代わりに
記憶を消した――


エターナル
























バレンタイン目前のある日。ジョエル(ジム・キャリー)は不思議な手紙を受け取る。
「クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社」
クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)はジョエルが最近喧嘩別れしてしまった恋人。仲直りしようと思っていた矢先に、彼女が自分との記憶を消去してしまったことを知りショックを受けた彼は、自らもクレメンタインとの波乱に満ちた日々を忘れようと、記憶除去を専門とするラクーナ医院を訪れる。
そこでは、一晩寝ている間に脳の中の特定の記憶だけを消去できる施術を行なっていた…。


エターナル1エターナル2
















エターナル3エターナル4

















豪華キャストだけど、作品は地味だし、時系列がバラバラに散りばめられていてストーリーがわかりづらいので、誰にでもオススメってわけにはいかないけれど、とても切なくて美しいラブ・ストーリーだった。。。

脚本が『マルコヴィッチの穴』を書いたチャーリー・カウフマンなだけに、内容はかなり凝ってる。
ジョエルは記憶を消す作業の中で、クレメンタインとの別れから出会いの記憶を逆行していくうちに、彼女への愛を再認識する。そして必死にその記憶を消されまいとする…。そんなジョエルの姿が、なんとも切なかった…。

主役2人を演じたジムとケイトはそれぞれに、とっても素晴らしかった
ジムは出る作品によって、ホント全く別人のようになるなぁ〜。
ぶっ飛びキャラのジムもモチロン良いけど、こんなジムもステキ
ケイトもクレメンタイン役をやってるのが彼女だって知らずに観たら、気が付かなかったかも…(^_^;)
彼女の新しい魅力発見


またジョエルの脳内の記憶での世界と同時進行していく現実世界では、メアリー(キルスティン・ダンスト)達のまた別のストーリーも描かれていて、ラストではそれも胸に迫ってきた。

それと、全体的に暗く寒々しい感じのする映像の中、ジョエルとクレメンタインのキラキラ輝いていた頃の映像は、とても美しかった
作品中に流れる音楽も、映像とピッタリとマッチしていて良かった
特に、冒頭流れるピアノの曲とベックの主題歌が印象的で、私のお気に入り


エターナル5エターナル6







エターナル7エターナル8








誰でも一度くらいは『こんな記憶なんて消えちゃえばいい』なんて思ったことがあると思う。
でも…本当に消しちゃって良いの?
今はそう思っても、後でそんなイヤな記憶も懐かしい思い出に変わるかもしれないよ…。
それをこの作品では優しく問いかけてくれているような気がした。
PCの記憶と違って人の記憶には、その時の状況、情景だけじゃなく、感情や想いもあるんだものね。

そんなことを考えたのと同時に、私にもかつてあった輝いていたあの瞬間を、この作品を観ながら思い出した…。
私はやっぱり、消してしまいたくなんてない。


エターナル10








エターナル9














人気blogランキングへプチッとお願いします!






《ジム・キャリー 出演作品》



《ケイト・ウィンスレット 出演作品》