『THE 有頂天ホテル』


公式サイト:http://www.uchoten.com/

製作:2005年日本
監督:三谷幸喜
出演:役所広司/松たか子/佐藤浩市/篠原涼子/香取慎吾


《公開時コピー》

最悪の大晦日に起こった、最高の奇跡。




有頂天TOP
















物語の舞台は大晦日の高級ホテル。そこに集ったそれぞれの人々に起こるそれぞれのハプニング。彼らに、幸せな新年は訪れるのだろうか?

“ホテルアバンティ”の副支配人である平吉(役所広司)はなんとか今日、大晦日を無事に終えたいと願っていた。
しかしなぜだか総支配人(伊藤四朗)は行方知れずになり、ホテルにはワケありの人物たちが続々集結。
彼の願いもむなしく、トラブルばかりが発生していく。
おまけに別れた妻(原田美枝子)と遭遇。
働いていると言えなかった平吉は、授賞式に呼ばれて来たのだと嘘を付いてしまうのだった…。


有頂天1有頂天2









私のツボをうまい具合に突いてくれる、三谷幸喜の監督3作目。
今回も、またまたやってくれました〜〜〜っ

大晦日の高級ホテルを舞台に、従業員と宿泊客が様々なドラマを展開させていく群像劇だったんだけど、いやいや、出てくるキャスト達が豪華、豪華

副支配人役の役所広司を始め、佐藤浩市、生瀬勝久、松たか子、篠原涼子、伊藤四朗、唐沢寿明…数え上げたらきりがないほどのオールスター大集合なの
三谷幸喜監督の元、こんなメンツが揃ったら、面白くないわけがない
 
役所さんが鹿のかぶりものを付けて、大真面目にスピーチする姿は可愛らしいやら、可笑しいやらだし、角野卓造のハジケっぷりも最高
オダギリジョーは普段の二枚目ぶりからは程遠く…あんなヅラ姿、晒しちゃって良かったのかしらねぇ?(笑)
篠原涼子の『プリティ・ウーマン』に出てくるジュリア・ロバーツ風コール・ガール姿は、メチャメチャ可愛かったし…
 
そうそう、ホテルの中をさまようアヒル・ダブダブも、愛嬌たっぷりで可愛かった〜
 

そんな笑いどころ満載のこの作品の中で、特に気に入ったのは、佐藤浩市扮する汚職議員・武藤田がホテルを立ち去るシーン。
 
       
 
武藤田    『また来たら、お帰りなさいって言ってくれるのかなぁ?』
新堂       『モチロンです』
 
立ち去ろうとする武藤田――
 
新堂       『行ってらっしゃいませ』
武藤田    『帰りはちょっと遅くなるよ』

ん〜〜〜ウマいっウマ過ぎるぅ〜〜〜
 
YOUの歌は初めて聴いたんだけど、ハスキー・ボイスの独特な声で、素敵だった〜
 

とにかく、気持ち良く笑いたい人には、この映画はとにかくオススメです
試写会場内も、終始笑い声が絶えませんでしたよぉ〜
 
 
【もう1つの主役 日本最大級のセット】
 

豪華キャストと同時に見どころとなるのが豪華セット。
日本最大級の広さを誇る東京・成城の東宝スタジオ第8ステージ(1325平方メートル)内に、ホテルの1階部分のセットを建築。
スイートルームやツインルーム、廊下などもすべて撮影所内に造りあげ、まるで本物のホテルかと見間違うほど。
手がけたのは『キル・ビルVol.1』で世界の注目を集めた種田陽平。

巨大セットを縦横無尽に動き回るダイナミックな映像、調度品の一つ一つまでいたる美しさも本作の見どころ。


有頂天3有頂天4









人気blogランキングへプチッとお願いします!











三谷幸喜作品 DVD


三谷幸喜作品 BOOK