『アサルト13 要塞警察』

公式サイト:http://www.herald.co.jp/official/assault/

原題:ASSAULT ON PRECINCT 13
製作:2005年アメリカ
監督:ジャン=フランソワ・リシェ
出演:イーサン・ホーク/ローレンス・フィッシュバーン/ジョン・レグイザモ/マリア・ベロ/ガブリエル・バーン




アサルト TOP




































《公開時コピー》

脱出劇アクションの頂点、遂に誕生!!!



アサルト3アサルト11


















激しい吹雪に見舞われる大晦日のデトロイト。
老朽化のため、その日をもって閉鎖される“13分署”にはローニック(イーサン・ホーク)を含む数人の警官がいた。
そこに悪天候のため護送車が立ち往生し、緊急搬送されてきた凶悪犯ビショップ(ローレンス・フィッシュバーン)ら4名の犯罪者達。
緊張の中、警官達と犯罪者達が新年の0時を迎えたその時、“13分署”は謎の武装集団から襲撃を受ける。
その正体は、組織犯罪対策の特殊警官たち・・・。
多数の銃器と爆撃を用いた凄まじい攻撃に、警官と犯罪者は手を結び、最小限の武装で抵抗しなければならない!
外部への接触は99%不可能、署は完全に孤立した!
彼らは脱出を幾度も企てるが、ことごとく阻止され、次々と仲間は殺されていく・・・。
−果たして、彼らは絶体絶命の夜を生き延びることが出来るのか?
そして、空前絶後の攻撃を執拗に繰り出す、悪徳警官達の目的とは!?




アサルト1アサルト5








アサルト2アサルト7








ジョン・カーペンター監督による76年の傑作アクション「要塞警察」のリメイク。
あ〜、またリメイクかぁ・・・とあまり期待しないで試写会を観たんだけど、これはオモシロイッ

ロード・オブ・ウォー』でもインターポールのバレンタイン刑事を好演したイーサン・ホークが、本作でも素晴らしい演技を披露している。
囮捜査中に部下を2人も死なせてしまったというトラウマを抱えながら、何とかこの危機から脱しようと奮闘する姿をリアルに演じていた。

そしてそのイーサン・ホークと共に戦うのがローレンス・フィッシュバーン演じるビショップ。
クールで知的なある意味、ニュー・ヒーローともいえる役どころ。
このキャラクターを主役に1本作品が出来そうなくらい、魅力的なキャラクターだった

昨今、大掛かりなCGを多用したアクション映画が多い中、本作はリアル・アクションで勝負した骨太の作品で、最後までハラハラ、ドキドキの連続だった


アサルト4アサルト9








ただ、ドレア・ド・マッテオ演じるアイリスの必然性が、全くわからない…
B級映画に必要不可欠の、お色気担当ってことなのかしらん
これで本作のランクを1つ下げてしまっているのが、とっても残念。

マリア・ベロもERに出ていた頃より、だいぶ老けてしまっていた
しばらく、見たことはあるんだけど、誰だか思い出せなかったくらい。。。(苦笑)


人気blogランキングへプチッとお願いします!



アサルト6アサルト8








アサルト10












イーサン・ホーク 出演作品

ローレンス・フィッシュバーン 出演作品