『ホテル ルワンダ』

公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/

原題:HOTEL RWANDA
製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ
監督:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス



《公開時コピー》

「愛する家族を守りたい。」
ただ1つの強い思いが、
1200人の命を救った…。



ルワンダ


































1994年、ルワンダの首都キガリ。
多数派のフツ族と少数派のツチ族の内戦はようやく終息したものの、街は依然不穏な空気に包まれていた。
ベルギー系の高級ホテル“ミル・コリン”で働く有能な支配人ポール(ドン・チードル)は、ある晩帰宅すると暗闇に妻タチアナ(ソフィー・オコネドー)と子どもが身を潜めていた。
フツ族大統領が何者かに殺され、これを契機にフツ族の人々がツチ族の市民を襲撃し始めたのだ。
ポール自身はフツ族だったが、妻がツチ族だったことから、ひとまずミル・コリンに避難することに。


外国資本のミル・コリンはフツ族の民兵たちもうかつには手を出せなかった。
そのため、命からがら逃げ延びてきた人々が続々と集まってくるのだが…。



ルワンダ1ルワンダ2








先日観た『クラッシュ』で好演していたドン・チードルの主演作ということで、本作を鑑賞。


本作は日本公開に至るまで、これまでの映画興行の常識では考えられない道のりを辿ったのだそう。
アカデミー賞3部門にノミネートされながら、題材の深刻さと権利料の高さから配給会社が敬遠。
それを日本の20代の若者達が立ち上がり、
インターネットで署名活動を展開。
4000を超える署名を僅かの期間で集め、急遽公開が決定したという異作。
まさに映画ファンの熱意が、ひとつの奇跡を起こしたんですねー


ルワンダ3ルワンダ4









そんな本作、やはりドン・チードルの熱演ぶりはもちろん素晴らしかった
権力も何もない、ごくごく普通の男が、家族を守りたい――というその想いだけで、極限の恐怖と戦いながら、つき進んでいく姿をとてもリアルに演じていた。

また、出番こそ少なかったけど、ホアキン・フェニックス演じる良心の呵責に苦しむカメラマン役が、私はとても印象に残った。


「世界の人々はあの映像を見て“怖いね”と言うだけでディナーを続ける。」


このセリフは、特に私の心に突き刺さりました。


それにしても、1994年、私はその頃何をしていたんだろう?ルワンダでたった3ヶ月あまりの間に100万人もの人々が虐殺されたというのに、全然記憶にない…
この“無関心”こそが、なにより大罪なんだということを痛感させられた・・・。

本作は平和ボケした日本人こそ、観なくてはいけない作品。


人気blogランキングへプチッとお願いします!



ルワンダ5ルワンダ6