『ミュンヘン』

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/syriana/

原題:MUNICH
製作:2005年アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マチュー・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ




《公開時コピー》

わたしは正しいのか?

1972年のオリンピックで11人のアスリートが殺された
深い哀しみの中、政府がくだした決断は<報復>――



ミュンヘン






























1972年9月5日未明、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的に人質となったイスラエル選手団の11名全員が犠牲となる悲劇が起きた。
これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機関“モサド”の精鋭5人による暗殺チームを秘密裏に組織する。
チームのリーダーに抜擢されたアヴナー(エリック・バナ)は祖国と愛する家族のため、車輌のスペシャリスト、スティーヴ(ダニエル・クレイグ)、後処理専門のカール(キアラン・ハインズ)、爆弾製造のロバート(マチュー・カソヴィッツ)、文書偽造を務めるハンス(ハンス・ジシュラー)の4人の仲間と共に、ヨーロッパ中に点在するターゲットを確実に仕留めるべく冷酷な任務の遂行にあたるのだが…。


ミュンヘン1ミュンヘン2








復讐が復讐を呼び、憎しみの連鎖が続いていく――。

復讐することをやめる強さ、勇気を持つことは出来ないのでしょうか。
一体どうしたら、この悲しい連鎖が切れるのでしょうか…

国家間の問題、宗教の違い、価値観の違い、人種問題等難しいことはたくさんありますが、力だけで解決するなんて事はきっと出来ない。
ラストシーンで9.11を暗示させる世界貿易センターの映像がありましたが、あれが全てを物語っていると思います。

先日観た『シリアナ』で敬虔なイスラム教徒の青年が自爆テロに参加するまでの過程を見ましたが、結局、大きな力に巻き込まれて、直接的な被害者、加害者になるのは民衆達です。
どちら側になってしまったとしても、その大きな力の犠牲者であることには違いありません。


ミュンヘン3







上映時間 2時間44分という長さですが、さすがスピルバーグ監督、一気に魅せてくれます
ミュンヘン・オリンピックの人質事件から始まって、イスラエルの暗殺チームが次々と暗殺を実行していく様を描いているんですが、その的を絞った撮り方が功を奏していて、ぐいぐいとストーリーへ引き込まれます。

そして、エリック・バナも、暗殺チームのリーダー役を見事に演じ切っています
殺しても殺しても、すぐにその殺した人の後を継ぐ者が出てくるのでキリがなく、そのうちには仲間達まで次々と殺されていく――その苦悩し、憔悴していく様子は見ているこちらの胸が苦しくなってくるほど。

ただこの役、『ER』でDr.ルカ・コヴァッチ演じる、ゴラン・ヴィシュニッチに演じさせてもハマっただろうな〜とチラッと観ながら思ってしまった(^_^;)



人気blogランキングへプチッとお願いします!








スティーヴン・スピルバーグ監督作品




エリック・バナ 出演作品