『リバティーン』 

公式サイト:http://www.libertine.jp/


原題:THE LIBERTINE
製作:2004年イギリス
監督:ローレンス・ダンモア
出演:ジョニー・デップ/サマンサ・モートン/ジョン・マルコヴィッチ/ロザムンド・パイク



《公開時コピー》

17世紀イギリス。閃光のように現われ、燃え尽きた美しき男。


リバティーンTOP



























1660年代、王政復古のイギリス。国王の親族が居並ぶ大事な宴の席で卑猥な詩を朗読して国王(ジョン・マルコヴィッチ)の怒りをかい、幽閉されていた第二代ロチェスター伯爵こと詩人のジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)。
恩赦を受けて3ヵ月ぶりにロンドンへと戻ってくる。
しかし、ロンドンでは相も変わらず悪友たちと酒を酌み交わし、娼婦を抱く放蕩の日々。
そんなある日、ジョンは訪れた芝居小屋で観客のブーイングを浴びていた若い女優エリザベス・バリー(サマンサ・モートン)に目を留める。
彼女の隠れた才能に気づいたジョンは自ら演技指導を申し出る。
悪名高いジョンを警戒して固辞するバリーだったが、ジョンの熱意に押し切られ、翌日から2人は一対一で稽古を開始するのだった。


リバティーン6


























『――初めに断っておく。諸君は私を好きになるまい。
男は嫉妬し、女は拒絶し、物語が進むにつれてどんどん私を嫌いになる。
淑女たちに警告。私はところ構わず女を抱ける。
紳士諸君も嘆くことなかれ。私はそっちもいけるから気をつけろ。
・・・・私はジョン・ウィルモット、第二代ロチェスター伯爵。
どうか私を好きにならないでくれ・・・・』

カメラに視線をまっすぐ向け、こう語り掛けるジョニデ演じるロチェスター伯爵のセリフで始まる本作。

これで一気に、私は17世紀の世界へ――。

リバティーン2
















台本の冒頭3行を読んだだけで出演を決めたというだけあって、まさにジョニデのハマリ役。
溢れるほどの知性と才能を持っているが故に孤独を抱え、自己破壊への坂を転がり落ちていくロチェスター伯爵の破天荒な生き様を、ジョニデは天才的な演技力で魅せてくれた――というより、なりきっていた。

リバティーン1



















特に華麗な衣装をまとい、ウェーブ・ヘアをなびかせた美しい伯爵から一転、梅毒に冒されてからの鬼気迫る演技と変わり果てた姿には、度肝を抜かれた
やっぱりジョニデのパワーには、まだまだ計り知れないものがある。

リバティーン10












舞台ではロチェスター伯爵を演じ、本作では国王チャールズ二世を演じたジョン・マルコヴィッチもまた素晴らしかった
ロチェスターに魅了されながらも、憎しみや妬みも持ち合わせているという複雑な心情を、巧みに表現していた。

リバティーン9
















そして女優陣。
新人女優エリザベス・バリーを演じたサマンサ・モートンの瞳の強さには惹き付けられたし、ロチェスターの妻・マレットを演じたロザムンド・パイクが物語後半、死期が近い夫に対する迫真の演技には脱帽。

ロチェスターが愛したバリーは彼よりも女優であり続けることを選択したが、マレットは彼を受け入れる。

どちらの女性もロチェスターに振り回されていたようで、実はしっかりと自分というものを確立している。
その凛とした美しさが同じ女性として、誇らしい


リバティーン4














リバティーン3
















ラスト、


『これでも私のことが好きか?』


と問いかけるロチェスター伯爵のセリフに

『そんなあなただからこそ、好きなんです・・・

愛されたい、孤独の闇から抜け出したいと願って止まないあなたを、私は愛さずにいられない・・・。

リバティーン5

























とはいえ、雨と霧に包まれたロンドンの風景と蝋燭だけの暗い映像。
それに加えての猥雑な描写と言葉に、『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『ネバーランド』等でジョニデのファンになった方々からは、嫌がられてしまうかも・・・。

リバティーン8















“LIBERTINE” = 放蕩者


人気blogランキングへプチッとお願いします!

にほんブログ村 映画ブログへ







ロチェスター卿の猿―十七世紀英国の放蕩詩人の生涯

ロチェスター卿の猿―十七世紀英国の放蕩詩人の生涯

英国王と愛人たち―英国王室史夜話

英国王と愛人たち―英国王室史夜話




〜 ジョニー・デップ 関連商品 〜