『トム・ヤム・クン』 

公式サイト:http://www.tyg-movie.jp/

原題:TOM YUM GOONG
製作:2005年タイ
監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演:トニー・ジャー/ペットターイ・ウォンカムラオ/ボンコット・コンマライ/チン・シン/ジョニー・グエン


tomyum TOP



























《公開時コピー》

取り戻したい愛がある、
取り戻したい象がいる。

タイからオーストラリアへ――
男の前に立ちはだかる最強格闘技軍団。
象から授かりしムエタイ秘奥義が、いま炸裂する!


tomyum2














何百年も王を守り、王に献上するための象を育ててきた兵士、チャトゥラバート。
その末裔であるカーム(トニー・ジャー)は、父親と、象のポーヤイとともに成長した。
ポーヤイを王に献上する審査会の日、ポーヤイは小象のコーンとともに、動物密輸組織に奪われてしまう。
2頭を連れ去ったのが、ベトナム人のジョニー(ジョニー・グエン)だと知ったカームは、単身オーストラリアへ乗り込んだ。
しかし、シドニーに降り立ったカームを待っていたのは、警察の追跡だった…!



tomyum1
















これこそ、アクション映画!!でしょう(^^)v
つい先日観た『デュエリスト』とは雲泥の差。

『マッハ!』でトニー・ジャーの身体能力の高さには免疫が出来ていたとは云え、本作でのトニーは更にパワー・アップ
ムエタイで身に付けた跳躍力と柔軟性を駆使した数々のアクションを、4〜5分はあったんじゃないかっていう、長回しのワンショットで見せたシーンは、大迫力もの
加えて今回は連続での関節技も披露。
格闘技好き、アクション好きには堪りませ〜〜んっ

ただ、今回もストーリーって云うほどのものはありませんし、トニーも演技らしい演技はしてません。
印象に残る彼のセリフと云えば、

『象を返せっ!!』

くらいですから。。。(爆)
トニーの今後の課題としては、演技力をもう少し磨くってことと、自分らしい個性というものを作り上げる――ってことでしょうか。
彼が憧れているジャッキー・チェンがハートウォーミング&アクションという個性を持っているように。
そういえば、ジャッキーのそっくりさん、出てましたね

tomyum3
















また、今回の舞台のほとんどがオーストラリアだったので、タイをあまり感じられなかったのも残念
少な目だったタイでの撮影で、トニー演じるカームの子供時代を演じた子役が、象の牙に乗せられてるシーンは、象と子供の信頼関係、愛情を感じられて、ほのぼの〜〜としてて、良かったもの
次作ではアクションと合わせ、タイならではの風景をもっともっと見せて欲しいです。


人気blogランキングへプチッとお願いします!

にほんブログ村 映画ブログへ