『インサイド・マン』

公式サイト:
http://www.insideman.jp/index.php

原題:INSIDE MAN
製作:2006年アメリカ
監督:スパイク・リー
出演:デンゼル・ワシントン/クライヴ・オーウェン/ジョディ・フォスター/クリストファー・プラマー/ウィレム・デフォー


インサイドマン TOP
























《公開時コピー》

それは、一見誰が見ても完璧な銀行強盗に思われた…。


狡猾な男ダルトン(クライヴ・オーウェン)率いる4人の銀行強盗グループが、白昼のマンハッタン信託銀行を急襲、従業員と客を人質に取り立てこもる。
事件発生の連絡を受け、NY市警のフレイジャー(デンゼル・ワシントン)とミッチェル(キウェテル・イジョフォー)が現場へ急行する。
しかし、周到な計画の下、俊敏に行動する犯人グループを前に、フレイジャーたちも容易には動きが取れず膠着した状態が続く。
一方、事件の発生を知り激しく狼狽するマンハッタン信託銀行会長アーサー・ケイス(クリストファー・プラマー)。彼は、やり手の女性弁護士マデリーン(ジョディ・フォスター)を呼び出すと、ある密命を託し、現場へと送り出すのだった…。


インサイドマン3













人種問題を扱った社会派が得意なスパイク・リー監督が手掛けた、娯楽色の強いクライム・ムービー。

冒頭から緊張感のある展開で、ゾクゾクッ、どきどきっ
ダルトン率いる強盗グループが颯爽と銀行に入り、あっという間に銀行員と客を人質に取るシーンは、惚れ惚れするほどカッコイイ

インサイドマン4













強盗犯ダルトン役にクライヴ・オーウェン、対するNY警察にはデンゼル・ワシントンウィレム・デフォー 、そしてダルトンと交渉する敏腕弁護士役はジョディ・フォスターと、豪華キャストが揃いぶみ

重厚感ある映像も見事だったし、人種ネタを所々入れ込んであったのも、スパイク・リーらしくて良かった

インサイドマン2












なのに・・・今ひとつ・・・なのよねぇ
けっしてつまらなかったわけじゃないんだけど、人に薦められるほど面白くもない。

強盗犯も警察官も弁護士もがイイ思いをして丸く収まっちゃう――っていう終盤の展開がアレレ〜〜っていうのがねぇ・・・

『オーシャンズ12』でもそうだけど、あまりにスターが揃い過ぎてるとそれぞれに見せ場を作らなきゃいけないからなのか、作品自体の面白さが半減してしまう。
本作もそんなせいがあったりして、思ったより面白い作品にならなかったのかもしれない・・・

インサイドマン5















ただ、クライヴ・オーウェンはこれまで演じた役柄の中で、本作のダルトン役が一番良かった
顔がほとんど出ない役ということで出演をかなり迷ったらしいけど、出て正解


インサイドマン1

















人気blogランキングへプチッとお願いします!

にほんブログ村 映画ブログへ









クライヴ・オーウェン 出演作品




デンゼル・ワシントン 出演作品




ジョディ・フォスター 出演作品




スパイク・リー 監督作品