『カーズ』字幕版


公式サイトhttp://www.disney.co.jp/movies/cars/main.html
       http://www.pixar.com/jp/feature/cars/index.html

原題:CARS
製作:2006年アメリカ
監督:ジョン・ラセター
声の出演:オーウェン・ウィルソン/ポール・ニューマン/ボニー・ハント/ラリー・ザ・ケイブル・ガイ/チーチ・マリン



《公開時コピー》

そこは、地図から消えた町――

都会育ちの人気レーサーが迷い込んだのは、
クルマたちが平和に暮らす町、ラジエーター・スプリングス。
しかし、その町には《悲しい運命》が待ち受けていた…。


カーズ TOP






















そこは、クルマたちが人間と同じように生活している<クルマの世界>。
ピストン・カップの若き天才レーサー、ライトニング・マックイーン。
自己中心的な性格が玉にキズの彼は、レース会場への移動中にふとした事故から小さな田舎町“ラジエーター・スプリングス”に迷い込んでしまう。
いまや地図からも消えてしまったその町には、オンボロ・レッカー車のメーターをはじめ、見るからに風変わりな住民たちばかり。
思いがけずこの町に足止めをくらってしまい、早くレース会場に戻らねばと焦るマックイーン。
しかし、のんびりとした時間が流れるこの町で、奇妙なクルマたちと一緒に過ごすうち、マックイーンの心にも少しずつ変化が見え始める。


カーズ6











ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」のピクサー社がクルマの世界を舞台に描く冒険ファンタジー。
監督は「トイ・ストーリー2」以来6年ぶりとなるジョン・ラセター。

天下のピクサーといえども、車を擬人化させるなんて大丈夫かなぁ?と一抹の不安を感じてはいたものの、劇場等で観る予告編ではレース・シーンがあったりもして、これなら大丈夫かも。。。

カーズ2










その印象通り、車だってことを忘れてしまうほど魅力たっぷりのキャラクター達にすっかり楽しませてもらった

マックイーンの親友となる、レッカー車・メーカーのなんとも云えないおとぼけキャラに、『ロード・トゥ・パーディション』以来しばらく顔を見ていないポール・ニューマンが渋い声で演じてる、元レーサーのドク。
そしてマックイーンの恋のお相手となるサリー等。。。みんな見た目は車ながら、人間味溢れたキャラばかり
そんなキャラ達が、定番の友情、恋愛、生き方等を観客の私達にたっぷり魅せてくれる。

カーズ1










すっかり寂れてしまってた町ラジエーター・スプリングスがライトアップされたシーンは、美しくてロマンティックで素敵だったし、ピストン・カップでのド迫力レース・シーンも素晴らしかった

そして、マット・ペイントで描かれた広大な西部の大自然は、もう、お見事としか言いようがない。


カーズ5









《マットペイントを使って描かれたシーン》

※ マットペイント(matte paint)=SFXのひとつで、映像を合成する時に描かれた背景を用いる技術のこと。または、その描かれた背景。

ストーリー、映像、音楽全て、子供だけじゃなく大人も十分楽しめる作品。


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





ラナタウン カーズ TV/DVDコンボ












カーズ☆ホビー