『フラガール』

公式サイト:
http://www.hula-girl.jp/index2.html

製作:2006年日本
監督:李相日
出演:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/池津祥子

《公開時コピー》

未来をあきらめない


フラガール TOP























昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。
そこで、起死回生のプロジェクトとして豊富な温泉を利用したレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”が計画された。
そして、目玉となるフラダンスショーのダンサー募集が地元の少女たちに対して行われた。
この町から抜け出すチャンスだと考えた早苗(徳永えり)は紀美子(蒼井優)を誘って説明会へと向かう。
説明会では、セクシーな衣装で踊る姿に、大半の応募者が逃げ出し、残ったのは紀美子と早苗の他には初子(池津祥子)と小百合(山崎静代)のわずか4人だけだった。
そんな中、元SKD(松竹歌劇団)のダンサー平山まどか(松雪泰子)がフラダンスの教師として東京から招かれる。
しかし、とある事情で渋々やって来たまどかは、教える相手がズブの素人と分かり、完全にやる気を失ってしまう…。

フラガール10









フラダンスを習ってる母に観せてあげたくて参加した試写会だったので、私としては全然期待してなかった。
でも、それは間違い、大間違い。良かった、感動したぁ〜〜〜

フラガール3

















フラガール6
















なんといっても素晴らしかったのは、ダンス・シーン
撮影前に3ヶ月間猛特訓しただけあって、松雪泰子蒼井優もそして、南海キャンディーズのしずちゃんも、それはそれは見事な踊りっぷりでしたー

フラガール4
















それと、東京から来たまどか先生役の松雪さん以外のキャストの方達が話す東北弁も、すごかった
岸部一徳がまどか先生を相手にキレちゃったシーンでは、早口の東北弁で捲くし立てていて、まどか先生のセリフじゃないけど『全然わっかりませぇ〜〜ん!』(笑)
役者さんって、ホントスゴイよね。。。(^o^;

フラガール5
















昭和40年代を再現した街並みがリアルでスゴイなーと思っていたら、『キル・ビル』や『有頂天ホテル』を手掛けた種田陽平さんだった。
さすがだね

フラガール7
















田舎町でひときわ目を引くまどか先生の60年代ファッション&ヘアスタイルも、ステキだった。
松雪さんがまるでバービー人形のようだったわ。。。

フラガール1

















フラガール8
















そしてそして、ジェイク・シマブクロの曲が全編で流れて、さらに本作を盛り上げていた。

ジェイク




本作はまだ公開前なのでストーリーについてはこれ以上触れずにおくけれど、笑い所満載、そして後半は泣き所も随所々にあって、心が暖かい気持ちでいっぱいになること請け合いですっ

あちこちのサイトを観てて発見したんだけど、主演は松雪泰子なんだって・・・。
てっきり蒼井優かと思って観てましたわぁ〜

フラガール2


















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ

〜9月17日追記〜

9月15日、『フラガール』が『ALWAYS 三丁目の夕日』『ゲド戦記』『LIMIT OF LOVE 海猿』等たくさんのライバル候補を押しのけ、来年2月25日に発表される米アカデミー賞外国語映画部門選考に日本代表として出品されることが決まったそう
まずは2007年1月23日に発表される、ノミネート5作品の中に入るのかどうか…。





ハワイアンデザイン★オーダーメード表札★





楽天第1位!ハワイアンジュエリー福袋【送料無料】〜2006年09月22日00時00分まで

ハワイ好きなので、はモチロン注文済み
商品が届いたら、画像をUPしますね〜〜
楽しみ、楽しみっ








松雪泰子 出演作品





蒼井優 出演作品