『もしも昨日が選べたら』

公式サイト:
http://www.sonypictures.jp/movies/click/site/index.html
              http://www.sonypictures.com/movies/click/  (英語)


原題:CLICK
製作:2006年アメリカ
監督:フランク・コラチ
出演:アダム・サンドラー/ケイト・ベッキンセール/クリストファー・ウォーケン/デヴィッド・ハッセルホフ



《公開時コピー》

失くしたハッピーを、

探しに行こう。


人生なんて、自由に操れる。と、信じていた。


クリック






















建築士のマイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)は、美しい妻ドナ(ケイト・ベッキンセール)と2人のかわいい子どもたちのためにと懸命に働く日々。
いつしかそれは、仕事優先で大切な家族を顧みない生活となっていった。
そんな時間に追われてばかりのマイケルは、煩わしいリモコン操作に嫌気がさし、どんな電化製品も一台で操れる“万能リモコン”を求めて街に出る。
そして、怪しげな従業員モーティ(クリストファー・ウォーケン)から、【返品不可】の条件付きで、人生さえも早送りや巻き戻しできる不思議なリモコンを手に入れる。


クリック3

















『ショービズ』で観た時もコメディっぽいシーンしか出てなかったし、主演がアダム・サンドラーだったので、てっきりコメディ一色なのかと思って油断していたら…ハララ、号泣しちゃいました


“家族の為に”仕事をしてるつもりが、いつの間にか家族を顧みないばかりか、仕事を妨げるうっとおしい存在に思えてきてしまった男、マイケル。
そんな彼がある日、電化製品だけでなく、時間まで自分の思う通りに操作出来るリモコンを手に入れる。

クリック1
















最初は犬の鳴き声を消し、妻とのケンカを早送り。
それが上手くいって有頂天になったマイケルは、面倒なこと、無駄だと思う時間をどんどん早送りしていく。
そのリモコンに学習機能がついていることにも気付かずに…。

クリック5






















初めのうちは、早送りしたくなるマイケルの気持ちもわからないではなかった。
今これをやらなきゃいけないのに、そんなこっちの都合にはお構いなしで邪魔されることって、よくあるもの。
これがすごいストレスになるのよねー。ホント

でも、それが度を越してくると、マイケルの立場から妻・ドナへと気持ちが移って、『なんて身勝手な男なのぉ〜〜と腹が立って

クリック6





















だけど、そんなふうに人生のオイシイとこ取りばかりしていると、やっぱりしっぺ返しはくるもの。

前半のサンドラーらしいコメディタッチから一転、後半はシリアス一辺倒に変化する。

クリック7













早送りしている間に家族との関係には、修復し難い亀裂が入っており…。
どんなに悔やんでも、過ぎ去った時間を戻ってやり直すことは出来ない。

その時になってやっと気付く、本当に大切なもの。

パパとお別れするシーン、そして雨のシーン等々、後半は涙なくしては観れません…

クリック4

















アメリカでは人気のあるサンドラーなのに、日本ではこれまで今ひとつパッとしなかった。
いよいよこの作品で、ブレイクするかも…

しっかしこの万能リモコンをくれた、モーティとは何者
悪魔??エイリアン?…それとも神様だったのだろうか。



マイケルの上司エイマー役を演じてるデヴィッド・ハッセルホフ、聞き覚えのある名前だなーと思ったら、私が子供の頃大好きだった、あの『ナイトライダー』のマイケルじゃない
名前を見なかったら、絶対にわからなかった。
あー、時の流れを感じるわぁ。。。(^_^;)

クリック2

















唯一不満なのが邦題。
原題『クリック』の方が簡潔だし、インパクトがあって良かったのになぁ…


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



アダム・サンドラー 出演作品





ケイト・ベッキンセール 出演作品