『ワールド・トレード・センター』

公式サイト:
http://www.wtc-movie.jp/top.html
              http://www.wtcmovie.com/  (英語)


原題:WORLD TRADE CENTER
製作:2006年アメリカ
監督:オリヴァー・ストーン
出演:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マギー・ギレンホール/マリア・ベロ/スティーヴン・ドーフ



《公開時コピー》

勇気そして生還――これは、真実の物語。


ワールドTOP
























2001年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察のジョン・マクローリン巡査部長(ニコラス・ケイジ)。
彼は署に着くと部下たちを集め“お互いを守り合い、事故のないように”と言葉をかけ、それぞれの現場へと送り出す。
ところが間もなく、世界貿易センタービルの北棟に旅客機が激突する大惨事が発生、港湾警察官たちに緊急招集がかけられる。
すぐさまマクローリンを班長とした救助チームが結成され、現場へと急行する。
現場の惨状に言葉を失う彼らだったが、新人警官のヒメノ(マイケル・ペーニャ)を含む4人の警官が、マクローリンと共にビル内に入ることを志願する。
しかし、彼らがビルに潜入した直後、大音響と共にビル全体が崩れ始めるのだった。


ワールド1

















先日観たユナイテッド93に引き続き、9.11を扱った本作。

崩落したワールド・トレード・センターから奇跡的に救出された、2人の港湾警察官とその家族に焦点を絞って描かれた作品で、テロを描いたというより、被災者の救出劇といった感じ。

ワールド6

















前半のワールド・トレード・センターに旅客機が激突するシーン、現場近くにいた一般人や、救助に駆けつけた人達の混乱ぶりは、やはりすごくリアルで迫力があって、当時TVを通して感じた恐怖が蘇ってきた

ワールド5

















ビルが崩落した後は、生き埋めになったマクローリンとヒメノが身動きが出来ない暗闇の中、家族のこと、これまでの人生のこと等を話してるシーンと、夫の消息が掴めず不安と恐怖に苛まれる家族の姿とを、派手な演出をすることなく、淡々と描いている。
その淡々とした映像が、却って観ているこちらにいろいろと考えさせる。

ワールド4

















本作の主人公2人は幸運にも助かることが出来たけれど、あの瓦礫の下で、どれだけたくさんの尊い命が失われたことか…。

このビルで働いていた人達、命懸けで救助に入った人達…。

そしてこのテロの後、アメリカが進んだ、誤った道――

ワールド3

















この作品はその良し悪しを語るのではなく、起こってしまった史実をしっかりと見つめ、考えること、そして風化させないこと、が何より大切なのではないでしょうか。



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ