『ドリームガールズ』

公式サイト :
http://www.dreamgirls-movie.jp/
 http://www.dreamgirls.dreamworks.com/  (英語)

原題:DREAMGIRLS
製作:2006年アメリカ
監督:ビル・コンドン
出演:ジェイミー・フォックス/ビヨンセ・ノウルズ/エディ・マーフィ/ジェニファー・ハドソン/アニカ・ノニ・ローズ

《公開時コピー》

夢は永遠に生き続ける


ドリームTOP


















1962年、アメリカの自動車産業の中心地、デトロイト。
エフィー(フェニファー・ハドソン)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)の3人は音楽での成功を夢見て“ドリーメッツ”というグループを結成し、新人オーディションへの挑戦を繰り返していた。
中古車販売会社のカーティス(ジェイミー・フォックス)はそんな彼女たちに大きな可能性を見出し、マネジメントをかって出る。
そして、地元で抜群の人気を誇るジェームス・アーリー(エディ・マーフィ)のバック・コーラスに抜擢されると、彼らのパワフルなステージはデトロイトのみならず全米中の注目を集め、一躍スター街道を歩み始めるのだったが…。


ドリーム2















アカデミー賞6部門8ノミネート&ビヨンセ、エディ・マーフィ、ジェイミー・フォックスの豪華キャスト――ってだけで、期待はどんどん高まって、早く観た〜〜い病に(笑)
って事で、早速観てきました〜

本作は、60年から70年代人気だった女性ヴォーカル・グループ、シュープリームスのサクセス・ストーリーをベースに、ショービズ界を描いたミュージカルの映画化。

ダイアナ・ロス=ディーナ=ビヨンセ、フローレンス・バラード=エフィー=ジェニファー・ハドソン。
そしてジェームズ・ブラウンをイメージしてるのが、ジェームス・“サンダー”・アーリー=エディ・マーフィ。

ビヨンセに“個性のない平凡な声”のディーナ役、ここ数年元気のないエディに落ち目の歌手・アーリー役を据えてしまうとは、大胆というか残酷というか…。

偶然なのか実力なのかエディが主役を張ってる『Norbit』が、今、全米で公開が始まっていて、ボックスチャート1位輝いているから良かったようなものの、ジェームス・“サンダー”・アーリーとエディがダブって見えつつ堕ちていく様を目の当たりにするのは、なんとも切ないものがありましたぁ…
でも、本作でのエディは歌、演技共に抜群素晴らしいです

ドリーム1















ジェニファー・ハドソンに喰われてると風評があるビヨンセも、ラスト近くに歌った『LISTEN』がとても良かった
歌詞も良かったんだけど、その詞にディーナの心情をピタリと合わせたビヨンセの熱唱ぶりが、さすが歌姫
ホント、聴かせてくれましたー
10キロの減量で美しさに磨きがかかっていたおかげで、目も楽しませてくれたしね

ドリーム5















そして巷で評価の高いジェニファー・ハドソンは、評判通り。
あの声量には感嘆、圧倒されるしかありませんでしたわ。

ジェイミー・フォックスも、今回は共演者が共演者だけに力が入ってましたねー。
ザ・ドリームズをスターに育て上げた敏腕マネージャーがその成功と引換えに、悪に手を染め、ファミリーから孤立してしまうカーティス役を、巧く演じていました。

ドリーム4















そしてそして忘れちゃいけない、『リーサル・ウェポン』でお馴染みのマータフこと、ダニー・グローバーも良い味を出してました
『リーサル・ウェポン』の新作って作らないのかなぁ…?観たい。

ドリーム3















それから、ジャクソン5らしきグループの登場も、私にはビンゴ
そっくりでしたよね〜〜〜

久しぶりに満足の1本



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ








ビヨンセ・ノウルズ







エディ・マーフィ





ジェイミー・フォックス