『ラブソングができるまで』

公式サイト :
http://wwws.warnerbros.co.jp/musicandlyrics/
         http://musicandlyrics.warnerbros.com/  (英語)   


原題:MUSIC AND LYRICS
製作:2007年アメリカ
監督:マーク・ローレンス
出演:ヒュー・グラント/ドリュー・バリモア/ブラッド・ギャレット/ヘイリー・ベネット


《公開時コピー》

彼は、忘れ去られた80年代のポップスターだった
彼のメロディに彼女の詩(ことば)が出会うまでは──


ラブソングTOP
























80年代に一世を風靡したバンド“PoP”の元ボーカル、アレックス(ヒュー・グラント)。
アイドル的人気も今は昔、現在ではすっかり忘れられた存在となっていた。
そんな彼のもとに、若者に絶大な人気を誇るカリスマ歌姫コーラ(ヘイリー・ベネット)から、新曲を提供してほしいという依頼が舞い込む。
またとない復活のチャンスだったが、すっかり曲作りから遠ざかっていた上、作詞が大の苦手のアレックスは悪戦苦闘。
そんな時、観葉植物の手入れに来ていたアルバイトのソフィー(ドリュー・バリモア)が口ずさむフレーズを耳にしたアレックスは、彼女の作詞のセンスを確信、渋るソフィーを強引に説得し、二人三脚の曲作りをスタートさせるが…。


ラブソング5
















ヒュー・グラントドリュー・バリモアのラブコメ

あのヒュー様が歌って踊ってる
それも優雅なソシアルダンスとかじゃなく、80年代の衣装を着た元ポップスターとして。。。ι(◎д◎)ノヾ

そのハジケっぷりったら、も〜う最高〜〜d(⌒〇⌒)b♪
なんともいえないあの絶妙な腰フリダンスは、完全永久保存版もの

ラブソング2
























遊園地や元ギャル達がいる同窓会でのイベントなんていう、ジョボ〜イ仕事しかない元ポップスターの役は、意外にもヒュー様にピッタリなんだよねー。
落ちぶれ感がないところが、また良かったのかも
歌も思ったより、ずっと上手だったし

ラブソング7
















ドリュー・バリモアもなぜかラブコメだと、いつも以上にキュートになる()のは本作も同じ。
ストーリー中、しょぼいステージにやる気をなくしそうになったアレックスが、ソフィーに励まされるってシーンがあったんけど、その気持ち、よぉ〜くわかる。
あのパァ〜ッと弾けるような笑顔を向けられれば、そりゃー彼じゃなくったって 元気になれちゃうよ

ラブソング3
























主役の2人以外にも、ソフィーのゴッド姉ちゃん=クリステン・ジョンストン、不思議ちゃん系歌姫コーラ=ヘイリー・ベネット等、個性的で魅力のあるキャラクターが、脇をしっかり固めていた。

ラブソング4
















80年代といえば、まさに私の青春時代。
あの曲調、ファッション、PVは確かにあの当時のもの。


そー、そー、そうだったよね〜〜、懐かしーい

でも、今見ると笑える〜〜っ(^○^)


ラブソング1























モチロン、お楽しみはそれだけじゃない。
ステキなラブストーリーにも、ちゃ〜んとなってます

アレックスが自分の心の内を晒らけだして作詞作曲した曲を聴いた時は、制作側の策略だとはわかりつつも、ついホロッとしちゃったし(^o^;
ベタな展開いーじゃん、いーじゃん
HAPPYな気分になれるんだから

ラブソング6















アレックスとソフィーが作った『愛に戻る道/WAY BACK INTO LOVE』は前出の曲以上に、素敵な曲。
メロディラインもキレイだし、歌詞もシンプルでイイ感じ
サントラ、買おっかな〜
でも、でも、歌姫コーラの曲が入っていたらどうしよう。。。(笑)




よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ







ヒュー・グラント





ドリュー・バリモア