『ハンニバル・ライジング』

公式サイト :
http://www.hannibal-rising.jp/
    http://www.weinsteinco.com/hannibal/
 (英語)   


原題:HANNIBAL RISING
製作:2007年アメリカ/イギリス/フランス
監督:ピーター・ウェーバー
出演:ギャスパー・ウリエル/コン・リー/リス・エヴァンス/ケヴィン・マクキッド



1944年のリトアニア。
戦禍で両親を亡くしたハンニバル少年(アーロン・トーマス)は、幼い妹ミーシャ(ヘレナ・リア・タコヴシュカ)と2人で山小屋に隠れ住んでいた。
ある日、残忍な逃亡兵グループが山小屋を乗っ取り、か弱いミーシャは彼らに殺されてしまう。
その後、心を閉ざしたまま孤児院で成長したハンニバル(ギャスパー・ウリエル)は、やがて脱走し唯一の親類を求めてパリの叔父のもとへと向かう。
しかし、すでに叔父はこの世を去り、未亡人の日本人女性レディ・ムラサキ(コン・リー)が、ハンニバルを温かく迎える。
ハンニバルは彼女のもとで高度な教育を受けると共に、次第に心の奥底に封印されていた復讐の情念を目覚めさせていくのだった。


ハンニバルTOP























原作者 トマス・ハリスが初めて脚本を担当した本作。
力が入ってますね〜〜。

フランスの新星 ギャスパー・ウリエルは、アンソニー・ホプキンスのハンニバルとは似ても似つかない容姿だけど、それを除く知的で美しく、気高く優雅で、そして冷酷なハンニバルぶりは、完璧

冷たい彼の瞳に見つめられたら、たとえスクリーン越しとはいえ、クラクラ。どーにでもして〜〜って気分になっちゃう(苦笑)
返り血を舐めるシーンは恐さを通り越して、妖艶。
美しい殺人鬼…。

ハンニバル5















幼年時代のハンニバルを演じたアーロン・トーマスも、ミーシャを守ろうとする必死さが痛いほど伝わってくる良い演技をしてた。

ハンニバルを演じたこの美青年、美少年の2人には、今後、大注目


ハンニバル4

















『羊たちの沈黙』から16年。
悪役ながら強烈なキャラクターで多くのファンを獲得し、4作もの作品を世に生み出したのは、驚嘆に値する。
ダースベイダーに匹敵する、愛すべき悪役・ハンニバル。

ただ、本作でもハンニバルの冷酷ぶりは凄まじい。
いくら妹の復讐とはいえ、あの歳で冷静に、何の罪の意識もなく人を殺せるハンニバルは、やはり怪物。

食人趣味に走ってしまった悲劇的な経緯についても描かれてはいるものの、それを理解することは私にはとうてい不可能…

ハンニバル1























それと日本人の目から見てとっても気になるのは、ムラサキ夫人っていうみょうちくりんな名前と日本文化についての描き方。
鎧は武士の身を守る為の物で、奉る物じゃありません…。

ハンニバル6















いつものことながら日本人からするとヘンなデフォルメの仕方だったけど、刀や鎧等で日本文化の持つ妖しげな神秘さを、作中に際立たせたかったのかな?
だとすれば、それは成功していると云える。

ハンニバル3
















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ