『スパイダーマン3』

公式サイト :
http://www.sonypictures.jp/movies/spiderman3/site/
     http://www.sonypictures.com/movies/spiderman3/site/ (英語)

原題:SPIDER-MAN 3
製作:2007年アメリカ
監督:サム・ライミ
出演:トビー・マグワイア/キルステン・ダンスト/ジェームズ・フランコ/トーマス・ヘイデン・チャーチ



《公開時コピー》

もう一人の敵、それは「自分」



スパイダーTOP

























スパイダーマンはいまやニューヨークの市民から絶大な信頼と賞賛を集めるヒーローとなり、恋人MJ(キルステン・ダンスト)へのプロポーズも決意し、順風満帆のピーター・パーカー(トビー・マグワイア)。
ところがMJのほうは出演した舞台が酷評され気分はどん底。
そんなある日、謎の黒い液状生命体がスパイダーマンに取り憑き、そのスーツを黒く染め上げる。
黒いスパイダーマンの戦闘能力は、なぜかこれまでよりも格段に高まっていた。
しかし同時に、ピーターの心にもある変化が生じていた。
そんなスパイダーマンの前に現れる3人の敵。
ピーターの伯父ベンを殺害した真犯人で物理実験場に迷い込んで“サンドマン”と化したマルコ(トーマス・ヘイデン・チャーチ)、死んだ父の復讐に燃え“ニュー・ゴブリン”へと変身したハリー(ジェームズ・フランコ)、そしてピーターへの激しいライバル心から黒い生命体に支配されついには最凶の敵“ヴェノム”となってしまった同僚カメラマンのエディ(トファー・グレイス)。
三者三様のスーパーパワーを備えた彼らは、自らの内なる悪に苦悩するスパイダーマンに容赦なく襲いかかるのだった。


スパイダー9














ピーターは今回も、うだうだ悩んでます(笑)

普通のヒーローなら悩まないようなことで悩んだり、ちやほやされているうちに自分を見失い慢心してしまったピーターに、幾分イラつきながらも

そりゃーそうだよね、まだ人として成長途中のティーン・エイジャー(←今時古臭い… )だもんねぇ〜

と納得しつつ、ストーリーをちょっと上から目線で観ていた、オバサンの私。くぅ〜、悲しいっ(^_^;)

そんなウジウジ、ピーターとハリー、メリー・ジェーンの友情と恋をメインに、彼等それぞれの心の闇も本作では描かれてます。


スパイダー5























スパイダー2
















スパイダー11











そしてもちろん、いつものCGもたっぷり魅せてくれてます
スパイダーマンがNYのビルとビルの間を飛んで行く姿や、ニュー・ゴブリンとの空中戦は素晴らしかったし、サンドマンが流砂のように姿かたちを変えて動いたりするシーンはお見事としか言いようがない

スパイダー7


















スパイダー6











ただ私は自分のことでいっぱい、いっぱいになってしまうスパイダーマンのピーターより、ニュー・ゴブリンとなって父の仇を取ろうとしながらもピーターとの友情に苦悩するハリーや、病気の娘の為に犯罪を犯し、更にはサンドマンになってしまったフリント・マルコの心情の方が共感できた。
どちらも悪役でありながら、根は良い人なんだよね〜。
それが切ない…

スパイダー3













あぁ、それなのに、あの執事のセリフ…。
何でもっと早くハリーに話してあげなかったのよぉ〜〜
そうしてくれてたら、ハリーはあんなことになったりしてなかったでしょうに、ヒドイよぉー(T_T)
ある種、この執事が一番の悪人だったかも。

スパイダー1














ピーターの叔母メイ・パーカー役のローズマリー・ハリスも前作、前々作以上に素晴らしかった。
あの温かい眼差し、心に残る言葉には、ピーターでなくても癒されちゃう


スパイダー4















感情移入は残念ながら出来なかったけど、ブラック・スパイダーマンになった時のトビーの演技は最高だった
いつものピーターとは違った自信に満ち溢れたピーターを、きっちり演じきってた。
街のど真ん中踊りだしてしまうあの超ハイテンションぶりには、かなり笑わせてもらったわ(^◇^)

スパイダー10












取り敢えず3部作がこれで完結で、この後続編があるのかどうかはまだ未定。

観たいような、観たくないような複雑な気分。


スパイダー8

















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ













サム・ライミ監督作品