『ゾンビーノ』

公式サイト:
http://zombino.jp/
  http://www.fidothemovie.com/ (英語)
     
原作:FIDO
製作:2006年カナダ
監督:アンドリュー・カリー
出演:キャリー=アン・モス/ビリー・コノリー/ディラン・ベイカー/クサン・レイ


《公開時コピー》

僕のはじめての友達は
ゾンビだった…


ゾンビーノTOP
























かつて地球では何かの拍子にゾンビが大量発生し、人間を襲い始めた。
ゾンビ戦争と呼ばれたゾンビと人間の戦いは長きにわたったが、ゾムコン社が開発した特殊な首輪が、そんな人間の危機を救った。
その首輪をはめたゾンビはおとなしく従順になり、現在では家事も出来るペットとして一般家庭でごく普通に飼われるようになっていた。
ウィラードという平和な田舎町に暮らす友だちのいない少年ティミー(クサン・レイ)。
彼の家でも、完璧主義の母ヘレン(キャリー=アン・モス)が世間体を気にしてゾンビ(ビリー・コノリー)を飼うことに。
最初はゾンビに関心のなかったティミーだったが、ある日、いじめっ子から守ってくれたのをきっかけに友情が芽生え始める。
そのゾンビをファイドと名付け、少しずつ心を通わせていくティミーだったが…。


ゾンビーノ3















タイトルからわかる通り、ゾンビものではあるんだけど、ただのゾンビものとは一味違う。
なんたって、あの不気味なゾンビをペットにしちゃうっていうんだから(☆o☆)

ゾンビーノ2


















言葉は話せないし、走ることも出来ない、土気色した無表情な顔はキモイ。
そのうえ首輪の制御装置が壊れると、人をバリバリ食べちゃう
そんなゾンビなのに、段々愛らしさを感じ始めちゃってる自分がいる
これまでに数々のゾンビ映画を観てきたけど、そんなの初めて

『人を食べちゃダメだよ』
とファイドに諭しつつも、うっかり食べちゃったら
『食べちゃったもんは仕方ない』
と、その事実をあっさり流しちゃったりする
そんな世界観が笑える。。。
 
日頃ゾンビものは観ないっていう人でも、案外楽しめるんじゃないかなー?
 

ゾンビーノ1























『マトリックス』シリーズのイメージが強いキャリー=アン・モスが50年代風のファッションに挑戦してるのも必見
夫に従順なようでやる時はやるって潔さは、トリニティを彷彿とさせるけど…ね(苦笑)

ゾンビーノ4































よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ