『ルイスと未来泥棒』

公式サイト:
http://www.disney.co.jp/movies/lewis/
    http://www.meettherobinsons.com/ (英語)
     
      
原作:MEET THE ROBINSONS
製作:2007年アメリカ
監督:スティーヴン・J・アンダーソン
出演(声):ダニエル・ハンセン/ウェズリー・シンガーマン/ニコール・サリヴァン/ハーランド・ウィリアムズ



《公開時コピー》

本当に発明したかったのは、
《家族》かもしれない──。


ルイスTOP

























発明家を夢見るひとりぼっちの少年ルイス(ダニエル・ハンセン)は、幼い頃に母と別れ、家族の記憶を持たずに生きてきた。
彼は母親を探し出すため、忘れてしまった記憶を取り戻す画期的な装置“メモリー・スキャナー”を発明する。
しかし、その発明品を山高帽の男(スティーヴン・J・アンダーソン)に奪われてしまう。
そんな時、ルイスは未来からやって来た少年ウィルバー(ウェズリー・シンガーマン)と出会い、彼と一緒に未来の世界へと旅立つ。
彼はそこで、ウィルバーの楽しい大家族と幸せなひとときを過ごす。
しかし、その理想の未来世界が、あの山高帽の男によって変えられようとしていた。
そして、それを阻止する鍵は、ルイスの過去に隠されていたのだった…。


ルイス1












空飛ぶ車にカラフルな色使いの未来の建物、カエルのバンドやタコ執事さん、変わり者ばかりだけど気の良いウィルバーの家族達など、いつもならそれだけで心が躍るはずなのに…。
観る私がその体制になかったのか、気持ちが全然入っていかなかった

ルイス2












ストーリー展開は前半少しもたついた感があるけど、後半一気に盛り上げてくるのは、さすがディズニー。
ウィルバーとルイスの関係、山高帽の男の哀しい過去と正体。
それらの謎が解けた後は、

過去を振り返らず、前へ進み続けよう。

私たちは好奇心にあふれている。

好奇心こそ、新しい世界の道しるべだ。

このウォルト・ディズニーの言葉そのまんまの、ハッピーエンド
家族で観るのに最適な1本

私もいつかTVでオンエアされた時に、もう一度観直してみようっと。


ルイス3















よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ







映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ