『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』


公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/sweeneytodd/
      http://www.sweeneytoddmovie.com/  (英語)
     
      
原題:SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET
製作:2007年アメリカ
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール



《公開時コピー》

いらっしゃいませ。
そして、永遠にさようなら。


スウィーニーTOP
























19世紀のロンドン。
フリート街で理髪店を営み、妻と娘と幸せに暮らすベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)。
だが彼はある日、妻に横恋慕したターピン判事(アラン・リックマン)によって無実の罪で流刑にされてしまう。
やがて15年後、脱獄に成功したベンジャミンは“スウィーニー・トッド”と名を変え、街に戻ってくる。
しかし、彼の大家でもあるパイ屋の女主人(ヘレナ・ボナム=カーター)から、妻はターピンに追いつめられた末に自殺し、娘は幽閉されている、という驚愕の事実を知らされる。
怒り狂ったスウィーニーはターピンへの復讐のみに生きることを決意。
理髪店を再開し、まずは彼の過去を知る客の喉をカミソリで次々に掻き切っていく。
またそれらの死体は階下の女主人によって形を変え…。


スウィーニー5
















ジョニー・デップ×ティム・バートン監督コンビ6作目。

私の周りの人達はみんな口を揃えて

『これはつまんなそう』
『いくらジョニー・デップでも、これは観たくない』

とまぁ、つれないこと、つれないこと…(-_-;)
それでもジョニー・デップファンの私は挫けず、観てきましたーーー

スウィーニー3






















冒頭のクレジットからティム・バートン色全開
モノクロに近い画面で暗いロンドンの街並みを表現し、その中で唯一の彩りとなるのが血の赤
スプラッターものは得意じゃないんだけど、描き方がわりとスッパリ、サッパリしていたからか、観るに耐えないってことにはならず、大丈夫でした。

それよりも、ジョニー・デップ初お披露目の歌声、これには惚れ惚れ。。。
ジョニデ本人も実際にやってみるまで不安だったようだけど、トッドの哀しみ、怒りがうまく歌に溶け込んでいて、素晴らしかった


スウィーニー1















トッドの宿敵ターピン判事を演じたアラン・リックマンも、ジョニー・デップとデュエットしたりして大熱演
彼は『ハリー・ポッター』では、スネイプ先生なんかも演じているんだけど、やっぱり私にとっては、いつまでも『ダイ・ハード1』の悪役ハンス。
あの狂気の目と、不敵な笑い顔が忘れられませ〜〜ん(^_^;)

スウィーニー2
















トッドを愛するが故に共犯者となったミセス・ラベットは、可愛そうな人。
パイ屋さんが繁盛してトッドとの幸せな未来を夢見ていたのに、トッドにはその想いは全く届かず、最期にはあんなことになってしまうんだもの・・・

スウィーニー4
















ミセス・ラベットだけじゃなく、ストーリー的にはどこまでもどこまでも悲劇的で救いがない。
それでも、魅力を感じる本作は、正にジョニー・デップ&ティム・バートンという最強タッグのなせる技なんでしょう



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



ジョニー・デップ





ティム・バートン監督



映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ