『ジャンパー』


公式サイト:
http://movies.foxjapan.com/jumper/
    http://www.jumperthemovie.com/(英語)

       
      
原題:JUMPER
製作:2007年アメリカ
監督:ダグ・リーマン
出演:ヘイデン・クリステンセン/ジェイミー・ベル/レイチェル・ビルソン/サミュエル・L・ジャクソン



《公開時コピー》

行き先、無制限


ジャンパーTOP

































ミシガン州に住むデヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は同級生のミリー(レイチェル・ビルソン)に想いを寄せるごく普通の高校生。
そんな彼は冬のある日、川に転落してしまう。
だが、溺れそうになったデヴィッドは次の瞬間、図書館へ移動していた。
自分にテレポート能力があると知った彼は、母が家を出て以来、人が変わってしまった父のもとを離れニューヨークへ。
そして、その力を悪用して銀行の金庫から大金をせしめ、自由を満喫するのだった。
しかし一方で、デヴィッドと同じ能力を持つ“ジャンパー”たちの抹殺を使命とする組織“パラディン”のリーダー、ローランド(サミュエル・L・ジャクソン)にその存在を気付かれ、つけ狙われ始める。
10年後、瞬間移動で世界中を旅していたデヴィッドは偶然ミリーと再会、またやがてジャンパーのひとり、グリフィン(ジェイミー・ベル)に出会うのだが…。


ジャンパー4
















主人公デヴィッドは、スターウォーズで”アナキン・スカイウォーカ”役を演じたヘイデン・クリステンセン
ヒロインは実生活でも交際中の、レイチェル・ビルソン

ジャンパー3















予告編が面白そうだったので性懲りもなく、また期待してしまった・・・。
いつもそれで失敗してるのにねぇ(苦笑)

着目点は良かったんだけど、主役のデヴィッドに少しも共感出来なかったのが最大の敗因
まだ未成熟な15歳の少年が、世間の何たるかも学ばないうちに大きな力を得たことで、自尊心だけは強い傲慢な青年になってしまった。
それがとにかくハナに付いて、ハナに付いて・・・
周りの人達に迷惑を掛けていることにも気付かず、自分のことばかり。
教える人がいなかったから仕方がないとはいえ、観ているだけでイライラが募るぅぅ〜〜〜

ジャンパー1

























瞬間移動でどこにでも瞬時に行ける――っという設定のおかげで、最新技術を駆使した世界の名所巡りは、素晴らしかったけどね

だけど、そんな魅力的な映像が作れるのにも係わらず、あまりに貧弱なストーリー展開はお粗末過ぎ。
なんでパラディンは、あんなにもジャンパー達を敵対視するのかわからないし、ローランドに追われて逃げた先がずっと避け続けてた故郷で、尚且つその後追われたことも忘れて、初恋の相手ミリーと暢気に観光旅行に出掛けちゃうってのも、不自然。
グリフィンに助けてもらっておきながら、その彼が窮地に陥っても助けようとしない。そもそも彼の存在なんか忘れちゃってる風なのも、????。
父親との確執も何が直接の原因なのかが、いまひとつよくわからないし。
どれもこれも、とにかく中途半端なのよねーー

ジャンパー2














サミュエル・L・ジャクソンジェイミー・ベルダイアン・レインアナソフィア・ロブと豪華メンバーが揃ってたし、脚本の練り方次第ではいくらでも面白い作品になったはずだと予測できるだけに、もったいなかったなーと残念に思うばかり・・・。





よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ



ダグ・リーマン監督作品



ヘイデン・クリステンセン



映画鑑賞日記 - livedoor Blog 共通テーマ