『インクレディブル・ハルク』

公式サイト:
http://www.sonypictures.jp/movies/theincrediblehulk/
 http://www.incrediblehulk.com/ (英語)


原作:THE INCREDIBLE HULK
製作:2008年アメリカ
監督:ルイ・レテリエ
出演:エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ティム・ブレイク・ネルソン


《公開時コピー》

その「力」、ためらうな。

ハルクTOP

科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ(リヴ・タイラー)の父、ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。
ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。
それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。
しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキー(ティム・ロス)らに包囲されてしまう。
だがその時ブルースはハルクへと変身、部隊を一蹴し、間一髪のとこで逃亡に成功するのだったが…。

ハルク3

前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった
でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫と鑑賞。
とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけどね
でも、実際観てみると、わりとスンナリ。
ハルクに変身してない時は科学者だから、華奢な体型も自然だしね

ハルク4

敵役のティム・ロスウィリアム・ハートはヒールに徹してて、良かった

ハルク1

ベティのでエドワード・ノートンとリブ・タイラーが顔を突き合わせるカットがあったんだけど、リブ・タイラー顔デカっ
自然が一番とダイエットをしない人だそうだけど、観られてなんぼの仕事をしてるんだから、やっぱり多少はしないと…ねっ

ハルク2

ブルースがハルクに変身してしまい、ベティと山の中で隠れてるシーンは『キングコング』か『美女と野獣』のようで、なんともいえず良かったなぁ〜

ハルク5

ラストに『アイアンマン』トニー・スタークが登場
そんな遊び心もベリー・グッド



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ









size="4">エドワード・ノートン出演作品