『ダークナイト』

公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/
     http://thedarkknight.warnerbros.com/ (英語)


原作:THE DARK KNIGHT
製作:2008年アメリカ
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル/マイケル・ケイン/ヒース・レジャー/ゲイリー・オールドマン


《公開時コピー》

最凶の敵が、来る


ダークナイトTOP

ゴッサムシティでは、バットマン(クリスチャン・ベイル)とゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)が手を組み、日々の犯罪に立ち向かっていた。
だが、白塗りの顔に裂けた口の“ジョーカー”(ヒース・レジャー)と名乗る正体不明の男が闇の世界で頭角を現わし、バットマンを嘲笑うかのごとく次々と凶悪事件を引き起こしていく。
そんな中、新しく赴任した地方検事のハービー・デント(アーロン・エッカート)は正義感に燃え、バットマンとも協力して犯罪の一掃を強力に進めていく。
それでも凶行の手を緩めず街を混乱に陥れるジョーカーは、いよいよバットマンたちを窮地に追い込むための謀略を開始するのだった。

ダークナイト7

アメコミ映画好きの私だけど、大分昔に観た『バットマン』に出てきたペンギンマンが気持ち悪くて、それ以来苦手意識が出ちゃって観てなかった。
でもヒースは突然死んでしまうし、その後すぐに公開された本作でのジョーカーは評判が良いしで、結局、同じクリストファー・ノーラン監督作の前作『バットマン・ビギンズ』をまずTVのO.Aで観て、その後すぐの速攻鑑賞。

ダークナイト1

評判に違わず、ヒース・レジャーのジョーカーはスゴイ
あの狂気を感じさせる表情と笑い声は凄みがあって、主役のはずのバットマンが完全にかすんじゃってる。
もう、この先観ることは出来ないのかと思うと、残念でならない…。

ダークナイト2

ホワイト・ナイトの象徴だったハービー検事がレイチェルを殺されトゥーフェイスに変貌していく様は、観ていて辛かった…。
トゥーフェイスになってしまった後、コインの裏表で運命を決めたりするのは、『ノーカントリー』のシガーみたいで、ちょっと寒気がしたけど

そのハービー役のアーロン・エッカートは、『幸せのレシピ』でしか知らなかったけど、なかなか存在感のある良い俳優さんなのね。再認識。

ダークナイト6

アルフレッド役のマイケル・ケインが、良い味出してる
あの年齢だからこその余裕と色気…。素敵だよねー。

ダークナイト3

このゴードンがゲイリー・オールドマンだとは、ちょっと見ではわからない。
彼のファンの私としては、悲しいものがあるわぁー

ダークナイト5

本作で唯一不満なのが、レイチェル。
もうちょっとキレイ所をキャスティングして欲しかった…


ダークナイト4

よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ





ヒース・レジャー出演作品



クリストファー・ノーラン監督作品