『おくりびと』

公式サイト:
http://www.okuribito.jp/


製作:2008年日本
監督:滝田洋二郎
出演:本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史

《公開時コピー》

お会いしたばかりですが、お別れです。

おくりびとTOP

チェロ奏者の大悟(本木雅弘)は、所属していた楽団の突然の解散を機にチェロで食べていく道を諦め、妻・美香(広末涼子)を伴い、故郷の山形へ帰ることに。
さっそく職探しを始めた大悟は、“旅のお手伝い”という求人広告を見て面接へと向かう。
しかし旅行代理店だと思ったその会社の仕事は、“旅立ち”をお手伝いする“納棺師”というものだった。
社長の佐々木(山崎努)に半ば強引に採用されてしまった大悟。
世間の目も気になり、妻にも言い出せないまま、納棺師の見習いとして働き始める大悟だったが…。

おくりびと2

今年の夏は私が女性として、人として尊敬していた人を亡くすという、とても哀しい夏になってしまった…。
最期まで弱音を吐かず、生きることを諦めず、懸命に生き抜いた彼女は、本当に素晴らしい人だった。
まだまだ教えて欲しいことはたくさんあったけれど、いまだに信じられない気持ちでいっぱいだけど・・・

『お疲れ様でした。そして、ありがとうございました・・・』

おくりびと1


そんな彼女の事を考えながら観たのが、『おくりびと』。

納棺師という仕事があるなんて、本作を観るまで全然知らなかったけれど、こんな人達に私や私の身近な人達も納棺してもらえたら――って、心から思った。

大悟の妻が夫の新しい仕事を知って『汚らわしい!触らないで!!』と言ったり、幼なじみが『そんな仕事に就いて恥ずかしくないのか!』と言ったり。
そんなふうに、死に携わる仕事を忌み嫌う気持ちもわからないではないけれど、でも亡くなった人の尊厳を守り、美しい姿で送り出してくれる、とても尊い仕事だと思う。

おくりびと3

いろいろな境遇で最期を迎えた人々を愛情豊かに、そして時にコミカルに描いて見せた芸達者なキャストとスタッフ陣には、心から拍手を送りたい

その中でもやはり秀逸なのは山崎務
独特の間とあの空気感、存在感で、作品に深みを与えてくれる。
巧いよね。。。
相対するもっくんもなかなかのコメディ俳優ぶりそして、納棺の際の所作の美しさには、うっとりしちゃいました

試写会場に来ていた人達はわりと年齢層が高かったけど、笑ったり泣いたりと楽しんでたみたいだった。
2時間を超える上映時間を全然感じさせない作品。

それにしてもこの作品、試写会の数が半端じゃない
地味だから、試写会に参加した人達の口コミを狙ってるのかな?

そうだとしたら、それ、正解

私も微力ながら、一役一役かわせていただきます



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ