『センター・オブ・ジ・アース』

公式サイト:
http://3d.gyao.jp/
http://www.journey3dmovie.com/ (英語)

原題:JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH 3D
製作:2008年アメリカ
監督:エリック・ブレヴィグ
出演:ブレンダン・フレイザー/ジョシュ・ハッチャーソン/アニタ・ブリエム/セス・マイヤーズ
声優:沢村一樹/入江甚儀/矢口真里


《公開時コピー》

飛び出すぞ!衝突注意!!

センターオブTOP

地質構造学の科学者で大学教授のトレバー(ブレンダン・フレイザー)は、10年前に行方不明となった兄マックスの遺志を継ぎ、地球内部に関する研究を行っていた。
そんなある日、兄の13歳になる息子ショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)を預かることになったトレバーは、ショーンの愛読書『地底旅行』の中に、マックスが書き記したメモを発見する。
それがマックス失踪と関連があると考えたトレバーは、調査を進めるためショーンと共にアイスランドへと向かう。
そして、現地の美人山岳ガイドのハンナ(アニタ・ブリエム)を案内人に、ヴェルヌの『地底旅行』で“地球の中心へとつながる入口がある”と書かれているスネフェルス山へ向かうのだが…。


センターオブ5

『ハムナプトラ』のブレンダン・フレイザーが、今度は地底探検に出掛ける。それも、最新の立体デジタル撮影装置フュージョン・カメラ・システムを駆使したフル3D

センターオブ3

前にも『スパイ・キッズ』や『ベオウルフ』等で3Dは使われていたけど、まさかここまで進化していたとは。。。\(◎o◎)/
恐竜や古代虫だけじゃなく、人も物もとにかく私の目の前まで飛び出してくる
最初は目が慣れなくて、物が飛び出してくる度に目が痛かったんだけど、それには徐々に慣れて迫力ある映像を楽しめた

センターオブ1

特に良かったのはトロッコで地底を走り抜けるシーン『インディ・ジョーンズ』に似てるって云えば、似てるんだけどね(笑)
でも、アドベンチャー映画にこういうスピード感のある映像は、やっぱりお約束だもんね

センターオブ2

この作品の後にも続々と3D映画の公開が控えてるようだから、これからの映画は3Dが当たり前――って時代になっていくのかも

センターオブ4

今回は吹替え版で観たんだけど、沢村さんの声を聞くと、どーしても本人の姿が頭に浮かんできちゃってねぇ・・・
矢口さんは、思った以上に上手だった。

ストーリーはどこまでもアドベンチャー映画を王道でいくパターンだったので意外性はなかったけど、3Dを体感&満喫出来たので、満足


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ