『ハンサム★スーツ』


公式サイト:
http://www.handsome-suits.com/

製作:2008年日本
監督:英勉
出演:谷原章介/塚地武雅/北川景子/佐田真由美/大島美幸


《公開時コピー》

人生を変える夢のスーツ、あります!

ハンサムスーツTOP

亡き母が切り盛りしていた定食屋“こころ屋”を営む33歳の大木琢郎(塚地武雅)は、料理上手で心優しい店の人気者。
しかし、その肥満でブサイクな容姿からこれまで全く女性に縁がない。
一目惚れした新人アルバイトの寛子(北川景子)に思い切って告白するもあっさりとフラれ、店を出て行かれる始末。
そんな琢郎はある日、スーツの新調に訪れた紳士服屋で、着るだけでハンサムになれる“ハンサム・スーツ”と出会い、そのお手軽ながら夢のようなスーツを購入する。
そして、琢郎はそのスーツに袖を通すと、絵に描いたようなハンサム男へ変身を遂げるのだった。
こうして、スーツを着用した時の琢郎は光山杏仁(谷原章介)として一躍人気カリスマモデルとなり、超モテモテのドリーム・ライフを満喫していくのだが…。

ハンサムスーツ5

観たいとは思ってたけど、実はあんまり期待はしてなかった本作。
ところがどっこい、面白くって琢郎を演じた塚地が冒頭で見せるブサイク顔の、ドアップから始まって、最後までほとんどずっと笑いっぱなし
こんなに笑った作品は久し振り〜〜〜

ハンサムスーツ4

この琢郎さんが・・・・・・・

            
ハンサムスーツ6

こーんなハンサムさんになっちゃう

ハンサムスーツ3

谷原さんのハジケッぷりは、お見事
まさかあそこまでやってくれるとは、思ってませんでしたー。
それにしても自分のことをあんなにハンサム、ハンサムって言うのは、恥ずかしくなかったのかなぁ?

その他温水さんや中条さん等のアンビリーバボーなシーンとか、楽しいシーンのことをもっと書きたいけど、ネタバレすると面白味がなくなっちゃうから、これで止めときます。
ホント、抱腹絶倒の面白さなんですぅ

ハンサムスーツ1

本江さんと琢郎がやってた小さな幸せ探しゲーム”、私もやってみたくなった。
幸せ気分になれそう

ハンサムスーツ2

しっかし、まさか洋服の青山でハンサム・スーツをこっそり売ってるとは…。
あんなにかさばるスーツなのに、全然気が付かなかったよぉ〜〜(笑)

琢郎の元気ソング『マイ・レボリューション』を始め、『大迷惑』、『M』、『Shake Hip! 』等の80年代J−POP、懐かしかったなー



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ