『WALL・E/ウォーリー』


公式サイト:
http://www.disney.co.jp/movies/wall-e/
http://disney.go.com/disneypictures/wall-e/ (英語)


原題:WALL・E
製作:2008年アメリカ
監督:
アンドリュー・スタントン


《公開時コピー》

名前は、ウォーリー。
700年間、ひとりぼっち…。

ウォーリーTOP
 

29世紀──人類はゴミだらけになった地球を捨て、宇宙に逃れた。
荒れ果てた地球に残されたのは、ただひとり──“地球型ゴミ処理ロボット”のWALL・E(ウォーリー)だけだった。
700年という気の遠くなるような孤独の中で、ウォーリーはその小さな身体を使って、どんなときもコツコツとゴミを片付け続けた。
いつの日か、誰かと出会えることを信じて…。
ある日、そんなひとりぼっちのウォーリーの前に現れた、ピカピカのロボット“イヴ”。
天使のように美しいイヴに恋をしたウォーリーは、彼女の気を惹くために必死にアピールする。
しかし、ウォーリーが見せた“あるもの”を目にした瞬間、イヴは突然動かなくなってしまう。
彼女には、地球の運命を左右する“重大な秘密”が、隠されていたのだ…。
宇宙船にさらわれたイヴを救うために、ウォーリーは未知なる宇宙へと旅立つ。
それは、想像もつかないほど壮大な冒険の始まりだった──。


ウォーリー1

このピクサー&ディズニーのCGアニメをどんなに待っていたことか…!
子供の頃に観た『ショート・サーキット』以来、心を持ったロボットのいじらしさが堪らなく好きなのよね。

ウォーリー3

本作のウォーリーにも、ハートはキュンキュンッ
すっかりやられてしまいました〜

ウォーリー2

旧式ロボットだからか言葉は少ないけど、感情表現豊かな目と仕草で十分に伝わってくる。
1日の仕事を終えて家に戻って来ると、人間が地球に置いて行ったVTRを一人観るウォーリー。
淋しそうで、切なくなる…

ウォーリー4

そんなウォーリーの姿を見てるだけに、イヴに対する真っ直ぐな心がそれはそれはいじらしくって…

そしてもちろん、CG映像は言うまでもないけど、美しい。。。



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ