『オーストラリア』

公式サイト:
http://movies.foxjapan.com/australia/
         
  
http://www.australiamovie.com/ (英語)

原題:AUSTRALIA
製作:2008年オーストラリア
監督:バズ・ラーマン
出演:ニコール・キッドマン/ヒュー・ジャックマン/デヴィッド・ウェンハム/ブライアン・ブラウン




《公開時コピー》

それは
《自分の手で自分の人生を切り開く》
運命の旅


オーストラリアTOP


イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、オーストラリアの領地を生計の足しに売却しようと旅立ったまま1年も帰ってこない夫を訪ねるため、ロンドンから初めてオーストラリアへ向かう。
そして現地に到着すると、夫ではなく、ドローヴァー(牛追い)(ヒュー・ジャックマン)という名の無骨なカウボーイに出迎えられる。
彼は、サラを領地“ファラウェイ・ダウンズ”へ問題なく送り届ければ、1500頭の牛を追う仕事を約束されていたのだった。
初対面は共に印象が悪く、互いに反感を抱きながら領地への旅を続けるサラとドローヴァー。こうして、いよいよ領地へ辿り着くサラだったが、権力者の仕業で屋敷は荒れ果て、さらには衝撃の事実を知らされる羽目に。サラは、抵当に入れられた領地を守るため、1500頭の牛を遠く離れたダーウィンにいる軍へ売ることを決心するのだが…。

オーストラリア1

“〜マンつながり”ニコール・キッドマンヒュー・ジャックマンの共演作。

オーストラリア2

本作撮影中に妊娠が判明したニコール。今では出産も終えママになってるけど、相変わらず完璧なプロポーションを維持。
彼女の年齢で出産するだけでも子供のいない私は感心しちゃうのに、ホントスゴイよね―
でも、ニコールはその完璧すぎる容姿が私には人工的に見えちゃって、美しいエイリアンを見てるような気がしちゃう

オーストラリア5

本作はオーストラリア版『風と共に去りぬ』ともいえそうな大河ドラマなんだけど、なーんか薄っぺらい…っていうのが正直な感想。
1500頭もの牛が暴走するシーンは大迫力で良かったし、広大なオーストラリアの風景もとても美しく撮影されてる。

オーストラリア4

だけど、ロンドンからやってきた貴婦人があっという間に牧場生活に馴染んでしまうのはあまりに不自然だし、人種差別やらラブ・ストーリーやら戦争やらととにかく詰め込み過ぎ
おかげで何を描きたかったのかがわからなくなってる。
観ている間はこの長い作品を退屈することなく観れたけれど、すぐに忘れちゃいそうよぉ…

オーストラリア3

全編ほとんどむさ苦しいヒゲ面だったヒュー・ジャックマンだったけど、ダンス・パーティのシーンだけはヒゲも剃り華麗な衣装に身を包み
“オォ〜〜、ビューティフォ〜〜〜
ヒュー様、ステキ過ぎっ



よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ