『MW −ムウ−』

公式サイト:
http://mw.gyao.jp/

製作:2009年日本
監督:岩本仁志
出演:山田孝之/玉木宏/石田ゆり子/石橋凌/山本裕典


《公開時コピー》

生きるもの、すべて道連れだ。

ムウTOP


16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。
その一人でエリート銀行員となった結城美智雄(玉木宏)の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、神父となった賀来裕太郎(山田孝之)は結城を救済しようと苦悩する。
そんな中、16年前の事件の鍵を握る「MW」を手にした結城は世界滅亡をもくろむ。

ムウ3

手塚治虫氏の生誕80周年記念作品。

いつもなら悪役を演じる山田孝之が善人で、玉木宏が悪役っていう意外なキャスティング。


ムウ1

役作りの為に7kgダイエットした玉木さんの殺人鬼役は、人を殺すことになんの痛みも感じない冷徹で計算高く残忍な人間性がよく表現されていて、素晴らしかった端正な顔立ちも、功を奏した感じ

 

ムウ4

対する山田さんも、親友、結城の暴走を止めようとしながらも引きずられ、手を貸してしまい苦悩する賀来役を、さすがの演技力で表現していた。

 

ムウ2

―――だけど、この作品はやっぱり“禁断”のままで良かったんじゃないかなぁ。
これまでにも何度か映像化の話が出てきながら、壮大なスケールとテーマ故に断念してきたらしいけど、やっぱりスケール感がまるで出ていない
せっかく主演2人は良い演技をしていたのに、こんなことは言いたくないけど、演出と脚本が悪かった。
途中、何度も睡魔が襲ってきちゃって...




よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ