『それでも恋するバルセロナ』

公式サイト:
http://sore-koi.asmik-ace.co.jp/


原題:VICKY CRISTINA BARCELONA
製作:2008年スペイン/アメリカ
監督:ウディ・アレン
出演:ハビエル・バルデム/ペネロペ・クルス/スカーレット・ヨハンソン/パトリシア・クラークソン


《公開時コピー》

この恋、想定外

バルセロナTOP


バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)に惹(ひ)かれていく。
そんな中、彼の元妻のマリア・エレナ(ペネロペ・クルス)が戻ってきたことから、やがてクリスティーナとマリア・エレナにもある感情が芽生え始め……。


バルセロナ5

 

この作品で一番楽しみにしてたのが、ペネロペ・クルス
本作でアカデミー賞助演女優賞を獲ったんだもんね



――なのに、なかなか出てこない

バルセロナ3


ウディ・アレンのミューズスカーレット・ヨハンソンレベッカ・ホールそれとハビエル・バルデムの三角関係を観せられても、なんだかパッとしなくて眠気が差してきちゃう



ウトウト



バルセロナ1


そこへようやくペネロペ登場

一気に睡魔が吹き飛び、画面に釘付け

バルセロナ7


エキセントリックな役柄とあの妖艶さ。小さな身体から放たれるあの凄まじいまでの存在感はさすが
主役のスカーレット・ヨハンソンを完全にクッてる

そのペネロペとスカーレット・ヨハンソンのキスシーンもエロ・ビューティフォ〜

バルセロナ2


あの三角関係は決して“普通”とは言えないけど、彼等だったら“アリ”だと思えた。
女子とのおふざけkissの経験がないわけじゃない私だから、余計そう思うのかもしれないけど

 

バルセロナ4

それにしても、ハビエルは『ノーカントリー』のシガーとはまるで別人だった。
いっくらシガー役だった人と同一人物だと思って観ても、そうとはどうしても信じられなかった。

 

この作品を観ると恋をしたくなるってよりも、スペインを旅したくなること必至
ガウディの建築物を始めとする美しい景色が、これでもか、これでもかと出てきて、まるでスペイン観光局のPVみたいなんだもの。


よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ






ウディ・アレン監督作品



ペネロペ・クルス出演作



スカーレット・ヨハンソン出演作



ハビエル・バルデム出演作