『ボルト』

公式サイト:
http://bolt-movie.jp/

原題:BOLT
製作:2008年アメリカ
監督:バイロン・ハワード/クリス・ウィリアムズ
出演(声):ジョン・トラヴォルタ/マイリー・サイラス/スージー・エスマン/マーク・ウォルトン


《公開時コピー》

「ずっと家族だって、信じてる」

ボルトTOP


白い犬のボルト(ジョン・トラボルタ)はハリウッドのスタジオで育ったスター犬。
TVドラマの中で、飼い主の少女ペニー(マイリー・サイラス)を守るために改造されたスーパードッグとして無敵のスーパーパワーを発揮し、悪党たちを次々と退治していた。
人間たちは、ボルトからリアルな演技を引き出すため、ドラマの中の出来事を現実と思い込ませていた。
そんなある日、ひょんなことからボルトはハリウッドから遠く離れたニューヨークへと運ばれてしまう。そこで初めて遭遇した外の世界。
ボルトはここにきてようやく、全てはドラマの中のことだったと知る。
それでもペニーの愛だけは本物と信じ、ハリウッドを目指して長い長い旅に出るボルト。
その途中でさまざまな苦難に遭いながらも、旅の仲間、やせっぽちの皮肉屋ノラ猫ミトンズ(スージー・エスマン)やテレビおたくのハムスター、ライノ(マーク・ウォルトン)に助けられながら遥か故郷を目指すボルトだったが…。

ボルト3


ピクサーと合併した新生ディズニーの記念すべき第1作。
製作指揮にはもちろんのジョン・ラセター

本作は3D版もあるんだけど毎度々の試写会での鑑賞だった為、2D版で鑑賞。

ボルト2


冒頭のアクションシーン(撮影シーン)は迫力満点で、これで掴みはバッチリ
ペニーを守るスーパー・ドッグの姿はホントに勇ましくてカッコイイ

ところがスタジオを飛び出してからは一転。実はただの犬だったっていう事実を突きつけられ続け、凹み自信をすっかり失くしてしまうボルト…。
でも、ペニーの愛情だけはきっと本物とそれだけは固く信じ続け、ペニーのいるハリウッドを目指して旅をする。

ボルト4


ボルトと一緒に旅をするミトンズとライノとの友情、ペニーとの心の絆等、ディズニーではよくあるストーリーだけど、それでもやっぱり面白い映像もキレイだし

ミトンズに人から物をもらう時の仕草、表情を特訓されてるシーンはホントに顔が思わず綻んでしまうくらい可愛らしかった〜〜〜

ボルト1



何でかわからないけどガラスの容器に入ったままのライノの姿もキュート


口の悪いミトンズも、なんだかんだとボルトの世話を焼いてて、微笑ましい。

この2人(2匹)が、旅の間ボルトを支え、励まし続けてくれる

そしてこの旅を終えた時には、ボルトは本当のスーパー・ドッグに




夏休み中のファミリー映画にピッタリの、心がほっこりする1作でした






よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ