『私の中のあなた』

公式サイト:
http://watashino.gyao.jp/


原題:MY SISTER'S KEEPER
製作:2009年アメリカ
監督:ニック・カサヴェテス
出演:キャメロン・ディアス/アビゲイル・ブレスリン/アレック・ボールドウィン/ジェイソン・パトリック


《公開時コピー》

もう姉のドナーにはならない。

両親に訴訟を起こしたアナ、11歳。
しかし、その決断には
ある理由があった──。


私の中のあなたTOP2


サラ(キャメロン・ディアス)とブライアン(ジェイソン・パトリック)のフィッツジェラルド夫妻は長男ジェシー(エヴァン・エリングソン)、長女ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)との4人家族で幸せに暮らしていた。
しかし、ケイトが2歳の時、白血病に冒されているが発覚する。
そこで両親は未来ある娘の生命を救うため、遺伝子操作によってドナーにぴったりの新たな子供を“創る”ことを決断する。
こうして生まれてきた次女アナ(アビゲイル・ブレスリン)は、幼い頃からケイトの治療のために何度も手術台に上がり、過酷な犠牲を払ってきた。
ところがある日突然、11歳のアナは自ら弁護士を雇い、大好きな姉ケイトへの腎臓の提供を拒んで両親を訴えるという驚くべき行動に出る。
ケイトを助けることが人生の全てとなっていたサラは、アナの思いがけない決断に激しく動揺し激怒する。
そしてついに、愛し合う親子は、法廷の場で対決することになってしまうのだったが…。



私の中のあなた4


 

本作は大ベストセラー『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー著が原作。

DSC00258



キャミーが初の母親役を演じるというのでこれは絶対観たいと思っていたところ、Livedoorさんのブロガー試写会に当選


六本木ミッドタウン34Fのギャガ試写室 スカイシアターへ行って来ました〜

ここは以前にも1度昼間に来たことがあるんだけど、ここから見る景色は絶景だったので、是非夜も来てみたいと思っていたのよねー。



ちょうどお天気も良くて、夜景がすんごくキレイだった

せっかくだから写真でも撮ろうとチャレンジしたものの、窓越しなので反射しちゃって夜景を撮ってる私の姿が映るのみ…残念



――なんてことは置いといて。。。




上映が始まってすぐに驚いたのが、白血病に侵された娘を救う為ドナーとなるべく子供を遺伝子操作で創り出して生み、そして生まれた瞬間からドナー提供者として、何度も手術台に上がらせているっていうこと。

人の命を救う為とはいえ、果たしてそんなことが許されるの…???


そしてある日、11歳のアナはそんな両親を突然訴える。

『もう、姉のドナーにはならない!』

と――。


ケイトの命を守る為ならどんなことでもする母サラ。
『ターミネーター』でもそうだけど、サラという名前の母は子供の為なら、なりふり構わず強い

そんな妻に協力しながら、でもアナをドナーにすることを全面的には認められない心優しい父ブライアン。

自分の病気のせいで、家族が壊れてしまうことを心配しているケイト。

大好きな姉ケイトの為に、1人両親に立ち向かう健気なアナ。

家族を一歩離れたところから見つめている長男ジェシー。


そんな家族をそれぞれの立場から丁寧に描き出されている作品で、後半は涙が止まらなかった

家族を愛すること、生きるということ、死ぬということ

を、強く考えさせられました。


でも、病気を描いた作品だからといって重く暗い話にはなってない。

私の中のあなた2


同じ白血病患者のテイラーと甘酸っぱい恋をするケイトは、とても楽しそうで微笑ましかった。

そう、このテイラー役のトーマス・デッカーのスキンヘッド姿がまたかっこ良くて〜〜〜
ちなみにこのトーマス君は、『ザ・サラ・コナー・クロニクルズ』で、ジョン・コナーを演じてます


私の中のあなた7


と、脱線してしまいましたがww


この作品は一応キャメロン・ディアスが主演ってことになってるよう。
初の母親役は想像していた以上に巧く演じてたキャミーだけど、でもなんといっても良かったのはアナを演じたアビゲイル・ブレスリンとケイトを演じたソフィア・ヴァジリーヴァでしょう

私の中のあなた6


まずはアビゲイル・ブレスリン。
訴えたことで激怒しているサラをまっすぐ見つめ返す姿に意思の強さが表れてたし、かと思えば病気で辛そうなケイトを気遣う様子も真に迫ってた。
『リトル・ミス・サンシャイン』はまだ観てないけど、これはすごい女優になりそう

私の中のあなた5


スキンヘッドにして役になりきったソフィア・ヴァジリーヴァも、迫真の演技だった。
なんとしてもケイトの命を守ろうと闘い続ける母を見つめる慈愛に満ちた目、テイラーに恋した時の何とも可愛らしい表情…

私の中のあなた1


ホントに愛に溢れた――そして“命の尊厳”について考えさせられるとても素晴らしい作品でした
この秋のわたしのイチオシですっ



私の中のあなた3

ジェシーの裁判所屋上でのこのシーンの時、高所恐怖症の私はお尻がゾワゾワ

何でこんなシーンを入れたのか…(謎)

また本作には私の大好きな『BONES』のブレナンが、ドクター役でちょこっと出ていて、それもまた嬉しかった〜〜




よろしかったら   ポチポチッと押してやってください


人気ブログにほんブログ村 映画ブログへ